畳の張替えページ

亀山市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

亀山市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

亀山市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

亀山市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

亀山市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

三重県亀山市について

三重県亀山市は、三重県の中北部に位置している都市です。総面積は190,9平方キロメートルあり、平成28年1月1日時点での総人口は49,790人となっています。市章は山並みで豊かな自然や歴史文化を守る心を表しており、曲線で亀山市の限りない発展を表現しています。市の花は「花しょうぶ」で、亀山市には大変馴染みのある花です。亀山公園内には菖蒲園があり、100種2万株の花菖蒲が咲き誇っておりシーズンには花しょうぶまつりが開催され、多くの人が訪れて賑わっています。花しょうぶは本来江戸時代に自生していたハナショウブを改良して出来た日本の伝統園芸植物であり、亀山市の花として親しまれてい案す。市の木は「杉」で、片山神社のご神木など古くから馴染みのある木です。亀山市を代表する歴史的な史跡と共に親しまれてきた木で、亀山市の木として大切にされています。亀山市の北西部は鈴鹿の山々が南北に走っており、市の中心には鈴鹿川や中ノ川が流れ、緑豊かな自然や水源に大変恵まれた地域です。年間平均気温が15,2度と温暖で過ごしやすい気候のため、暮らしやすい環境が広がっています。また亀山市は古くは伊勢鈴鹿の関が置かれていた場所で、関宿は東海道の往時の面影を残す歴史的町並みとして国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

亀山市の地理と特産品などの特徴と旅行者へのおすすめ

亀山市は、三重県の中北部に位置し、県内の主要都市である津市や四日市市、鈴鹿市からは20km圏内に、名古屋市から約50kmに位置しています。 亀山市の北西部には、鈴鹿の山々が南北に走り、そこから亀山市の東方面にかけては、傾斜面の丘陵地や台地が形成され、伊勢平野へと続いています。 総面積は191.04平方キロメートルであり、東西方向の延長は約21km、南北方向の延長は約17kmです。 亀山市にはどんな特産品などの特徴があるかというと、地場産業として、蝋燭の生産が大きなシェアを持ち、カメヤマローソクがあり、この地方は気候や土質が栽培に適していたことから古くから茶の生産が盛んです。 また、三重県のハイテク企業誘致策により建設されたシャープ亀山工場では、世界初の液晶パネルからテレビまでの一貫した生産が行われて、「AQUOSは世界の亀山モデル」という形で全国規模の人気があります。 JR亀山駅などの駅にある、駅弁としても有名な「志ぐれ茶漬け弁当」は、桑名産の高級志ぐれが乗ったご飯に、亀山市特産の亀山茶をかけて食べるという全国的にも珍しいお弁当です。 そんな駅弁を食べてから訪れるレジャーとして、名阪森林パークがおすすめです。 鈴鹿川の渓流沿いにあり、豊かな三渓の自然を満喫することができ、鈴鹿森林組合の直営施設です。 杉や桧の針葉樹に囲まれていて、施設としてのコテージ、オートキャンプ場、林間キャンプ場などと共に、渓流釣りができる設備や薬草園、ミニゴルフ場、樹間遊歩道など、多くの楽しめる場所が設けられ、家族で楽しめる総合森林レクリエーションエリアです。

三重県の亀山市について

亀山市は三重県の中北部にある都市で江戸時代には城下町や宿場町として栄えた歴史があり、ろうそくで高い生産量を誇っていてろうそくを専門に扱う企業の創業地です。亀山市は地質や気候が茶の栽培に適しているので、昔から茶の栽培が盛んに行われています。亀山市内には大規模農園の実験を目的に造成されたパイロット茶園もあって県内で茶の生産量が上位の都市です。三重県のハイテク企業誘致策によって建設された電機メーカーの工場では、液晶パネルからテレビまでの生産が一貫して行われました。亀山市は鈴鹿市や伊賀市や津市や滋賀県甲賀市と隣接し、市の北西部には山脈が連なっていて市の南西部には山地が連なっています。山林が亀山市の面積の半分以上を占めますが、産業別就業人口を見ると第二次産業就業者の割合の方が第一次産業よりも多いという特徴があります。1954年に、鈴鹿郡亀山町や井田川村や川崎村や野登村など1町4村が合併して亀山市が発足しました。亀山市には県の行政機関として警察署が存在し、国の行政機関として検察庁が存在します。亀山市出身の有名人として、これまでにシンガーソングライターやプロ野球コーチや俳優や彫刻家などが活躍してきました。

これって、三重県なんです

三重県というと他県の方、特に東地方ではない方はあまりピンとこないと思います。認知度も中途半端に低く、どこにあるのか分からない県の一つです。 でも三重県にあるものを上げると、驚くほど皆さん同じ反応をするんです。
「ああ、そうなんだ」 たとえば三重県にある代表的なものを上げてみましょう。 伊勢神宮。どうでしょう。 「それ、三重県なんだ」となったのではないでしょうか。日本を代表するもっとも有名な神社は三重県にあるんです。
次に上げるのはこれです。 松坂牛。 「知ってる、知ってる」となったでしょう。「食べたい」となった方もいることでしょう。 松坂牛は正しくは「まつさかうし」と読みますが、これは三重県が誇る特産物の一つなんです。
続いてはこれです。 忍者。 忍者の中でもっとも有名な伊賀忍者。その忍者の里である伊賀地方も三重県の中にあるんです。 鈴鹿サーキット。 世界的に有名なサーキットもあります。今ではなくなってしまいましたが、ある電機メーカーさんが亀山でブランドも築いていました。
このように、三重県にはたくさん有名なものがあります。だけど有名すぎて、県名よりも名前が浸透してしまっているんです。 不思議な県、三重県。あなたも一度訪れてみて、あなただけの、隠れた名産を見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。

畳の張替え時期について

畳をきれいに長持ちさせるには、日々の掃除や手入れが重要である。 畳の目に沿ってしっかりと掃除機をかけた後に、雑巾で乾拭きをすると良い。 晴れた日には窓を開け、風通しを良くして畳にカビやダニが発生することを防ぐ。
畳の上に絨毯を敷くとカビやダニの原因となるため、敷かない方が良い。 尚、直射日光が当たり続けるとその箇所が退色してしまうため、カーテンを使用するなどして保護すると良い。 テーブルのように脚付きの家具を置く場合、一か所に重さが集中しないよう、脚の下に板などを敷いて分散させると良い。
畳はその一部を交換することが可能である。 それにより、美しい状態を長く保つことができる。 その方法には「裏返し」と「張替え」がある。 裏返しとは言葉通り、畳表を裏返して張替えることである。 表面の傷みや日焼けが気になったら行うと良い。
一度裏返した後、その面も古びてしまった場合、次は「畳張替え」を行うと良い。 本体(畳床)は替えず、表面を張替える方法である。 張替える際、表面の素材には様々な種類があるので、予算や好みに応じて選ぶことができる。
張替えについては気になる箇所が生じたら随時行うと良いが、張替え時期の目安としては2〜5年に一度程度である。 更に10〜20年が経ち、畳に弾力がなくなってしまったり、くぼみが生じてしまったら、その時は全交換の時期である。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから