畳の張替えページ

伊勢市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

伊勢市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

伊勢市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

伊勢市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

伊勢市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

伊勢市の施工エリア

旭町 朝熊町(池の浦、箕曲瀬) 朝熊町(その他) 有滝町 粟野町 磯町 一宇田町 一志町 一之木 一色町 岩渕 岩渕町 上地町 上野町 植山町 宇治今在家町 宇治館町 宇治中之切町 宇治浦田 浦口 浦口町 円座町 大倉町 大世古 大湊町 岡本 尾上町 小俣町明野 小俣町新村 小俣町相合 小俣町本町 小俣町宮前 小俣町元町 小俣町湯田 柏町 樫原町 鹿海町 神薗町 神社港 河崎 川端町 楠部町 久世戸町 黒瀬町 小木町 神田久志本町 桜木町 下野町 神久 勢田町 佐八町 曽祢 竹ケ鼻町 田尻町 辻久留 辻久留町 津村町 通町 常磐 常磐町 豊川町 中島 中須町 中之町 中村町 西豊浜町 野村町 東大淀町 東豊浜町 吹上 藤里町 二俣 二俣町 二見町今一色 二見町江 二見町荘 二見町茶屋 二見町西 二見町光の街 二見町松下 二見町溝口 二見町三津 二見町山田原 船江 古市町 本町 前山町 馬瀬町 御薗町王中島 御薗町小林 御薗町上條(三軒屋) 御薗町上條(その他) 御薗町新開 御薗町高向 御薗町長屋 宮川 宮後 宮町 村松町 倭町 矢持町 八日市場町 横輪町

三重県伊勢市の観光ガイド、伊勢市のお土産

三重県伊勢市は伊勢神宮の門前町として古くから発展してきました。日本人の心のふるさととして親しまれています。江戸時代にはお伊勢参りの街として、大勢の観光客が伊勢市を訪れました。また神都の異名を持ち、第二次世界大戦までは国威発揚の場ともなりました。 三重県伊勢市は伊勢半島北東部に位置します。伊勢市の北部は伊勢湾に面しています。南部は標高100~500mの丘陵山地が広がっています。伊勢市中心市街地は伊勢神宮外遇の周辺に形成されています。市街地を外れた森の中に伊勢神宮内宮が位置します。 伊勢市観光で最も有名な観光スポットは伊勢神宮です。神社本町の本宗です。太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮は内宮、衣食住の守り神である豊大御神を祀る豊受大神宮は外宮と呼ばれています。参拝の際は、まず外宮を参拝してから内宮に参拝が正しいとされています。 また第62回神宮式年遷宮を期して、日本が誇る技術と心の精華を永く伝えるために「せんぐう館」が創設されました。20年毎に行われる遷宮を通して、日本の伝統文化を伝えることを目指しています。この館では神宮遷宮を理解するための展示や神道に関する情報を幅広く知ることが出来ます。 お土産は三重県伊勢市ならでは物が多数あります。伊勢一刀彫の縁起の良い置物、伊勢玩具には懐かしいけん玉や刳りものなど素朴なおもちゃがあります。伊勢根付では、外国人にも人気の高い根付を手に入れることができます。この他、いせ鈴、いせ和紙、いわとの塩などの品があります。

伊勢神宮のある三重県伊勢市。

伊勢市は三重県の南東部に位置している市です。 同じ三重県の鳥羽市や志摩市、度会郡南伊勢町、度会町、玉城町、多気郡明和町とそれぞれ隣接しています。 伊勢市は1955年に前身の宇治山田市が度会郡豊浜村、北浜村、城田村、四郷村の4村を編入し、改称して発足しました。 その後も伊勢市は編入や合併を行い、2006年の編入によって現在の市域となりました。 人口数は12万5千人を超えている市です。 伊勢市の交通としましては、鉄道はJR参宮線や近鉄鳥羽線、山田線が走行しています。 JRと近鉄の両路線が乗り入れている伊勢市駅を中心に、JR線には宮川駅や松下駅など計6駅、近鉄線には宇治山田駅や五十鈴川駅など計7駅が停車駅として設置されています。 路線バスは三重交通や三交伊勢志摩交通によって運行されている他、伊勢市コミュニティバスが運行されています。 また、三重交通や西武観光バスなどによって高速バスが運行されており、東京駅や横浜駅、名古屋駅行きの高速バスの利用ができます。 伊勢市には全国的に有名な伊勢神宮があることで知られています。 伊勢神宮への参拝客を中心に、伊勢市には多くの観光客が訪れています。 京都や奈良と並んで、多くの小学校の修学旅行先にもなっています。

低価格の畳の張替え業者

私は低価格で畳の張替えを依頼することができる業者を探していたところ、会社の人がいいところを知っていると言ってとある畳の張替えの専門業者を教えてくれました。そこで、インターネットを利用してその業者に見積もりの依頼をしたのです。
インターネットによる畳の張替えの見積もり依頼をするサービスがあるいということであったので、私にとっては好都合でした。そして当日は約束の時間ぴったりに我が家に来てくれて、すぐに畳張替えの見積もりに取り掛かってくれたのです。
ホームページに畳張替えの見積もりや出張料は無料であると記載があったので、安心して依頼をすることができました。加えて見積もり後の強制的な営業やしつこい勧誘をすることも一切なく、最初から最後まで気持ちのいい対応であったことから好感を持ちました。
畳の張替えをするのはこれが初めてであったことから相場等についてわからなかったのですが、それでも表示をされた金額は大変リーズナブルであったのでそこに依頼をすることを決め契約をしました。すると早速持ち帰ってくれて、作業に取り掛かってくれたのです。
畳の張替えをしてからは部屋全体がとても明るくなって、これまでのみすぼらしいイメージがなくなりました。低料金であったにも関わらず防汚加工をしてもらうこともできたので、非常にいい業者を紹介してもらったと思っています。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

畳の張替えはタイミングを間違えないように注意しよう

"畳のある和室は日本家屋でごく当たり前でしたが、洋室で過ごしているとい草の香りが懐かしくなるものです。実家へ帰宅した時に畳の張替え直後だった場合、癒やされた感覚に陥った経験がある人も多いでしょう。そして、畳の張替えを忘れてしまうと畳表を裏返して使えなくってしまう点に注意しなければなりません。なぜなら、裏返して張替えした時には、い草に傷みが多くなりすぎていると残念ながら裏面までダメージが入り込んでしまっています。畳の裏返しを希望しても新調しなければならない時には、長い目で見た時に張替えコストが高くなりがちです。 畳表の張替え頻度については、客間と居間では利用頻度が異なるので必ずしも一致しません。そこで、いつも張替え依頼している畳専門店へ目安となる頻度を事前に確認しておくと良いでしょう。実際に畳の張替えを行うために自宅まで職人が取りに来た時に、日光の当たり方や家の構造から畳の張替えサイクル目安をプロ目線で教えてくれるはずです。実際には小学生やペットの有無といった個別の事情により期間が変わるものの、少なくとも素人が判断して裏返しに失敗する状況は避けられます。そして、い草を使った畳を大切に使うためには、張替えサイクルをしっかり自分で把握しておくことが重要です。"