ふすまの張替えページ

八幡市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

八幡市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

岩田岩ノ前 岩田加賀ノ辻 岩田北浅地 岩田北ノ口 岩田大将軍 岩田高木 岩田竹綱 岩田茶屋ノ前 岩田辻垣内 岩田西玉造 岩田橋溝 岩田八丁 岩田松原 岩田南浅地 岩田南野 岩田六ノ坪 内里穴ケ谷 内里荒場 内里安居芝 内里内 内里大谷 内里女谷 内里柿谷 内里河原 内里北ノ口 内里北ノ山 内里極楽橋 内里五丁 内里菅井 内里砂田 内里砂畠 内里巽ノ口 内里蜻蛉尻 内里中島 内里西山川 内里東ノ口 内里東山川 内里日向堂 内里平尾 内里古溜池 内里別所 内里松ケ外 内里南ノ口 内里宮ノ前 男山石城 男山泉 男山金振 男山香呂 男山笹谷 男山指月 男山竹園 男山長沢 男山八望 男山松里 男山美桜 男山雄徳 男山弓岡 男山吉井 上奈良池ノ向 上奈良小端 上奈良北ノ口 上奈良サグリ前 上奈良城垣内 上奈良大門 上奈良堂島 上奈良長池 上奈良奈良里 上奈良東ノ口 上奈良日ノ尾 上奈良御園 上奈良南ノ口 上奈良宮ノ東 上奈良宮ノ西 川口馬屋尻 川口扇ノ芝 川口北浦 川口擬宝珠 川口小西 川口高原 川口天神崎 川口西扇 川口萩原 川口浜 川口東扇 川口東頭 川口別所 川口堀ノ内 欽明台北 欽明台中央 欽明台西 欽明台東 上津屋尼ケ池 上津屋石ノ塔 上津屋里垣内 上津屋中堤 上津屋西久保 上津屋八王子 上津屋八丁 上津屋浜垣内 上津屋林 上津屋南村 下奈良井関 下奈良一丁地 下奈良一丁堤 下奈良今里 下奈良奥垣内 下奈良上三床 下奈良上ノ段 下奈良小宮 下奈良榊 下奈良下三床 下奈良新下 下奈良隅田 下奈良竹垣内 下奈良出垣内 下奈良蜻蛉尻 下奈良蜻蛉尻筋 下奈良中ノ坪 下奈良名越 下奈良奈良元 下奈良二階堂 下奈良野神 下奈良南頭 下奈良宮ノ道 戸津荒堀 戸津奥谷 戸津北小路 戸津小中代 戸津正ノ竹 戸津谷ノ口 戸津堂田 戸津蜻蛉尻 戸津中垣内 戸津中代 戸津東代 戸津東ノ口 戸津水戸城 戸津南小路 戸津南代 西山足立 西山丸尾 西山和気 野尻一庵 野尻円ノ元 野尻北ノ口 野尻倉掛 野尻城究 野尻正畑 野尻土井ノ内 橋本愛宕山 橋本石ケ谷 橋本意足 橋本糸ケ上 橋本奥ノ町 橋本北浄土ケ原 橋本北ノ町 橋本栗ケ谷 橋本興正 橋本小金川 橋本米ノ尾 橋本塩釜 橋本尻江 橋本新石 橋本堂ケ原 橋本狩尾 橋本中ノ池尻 橋本中ノ町 橋本西刈又 橋本西山本 橋本東刈又 橋本東浄土ケ原 橋本東原 橋本東山本 橋本平野山 橋本向山 橋本焼野 美濃山一ノ谷 美濃山井ノ元 美濃山馬ケ背 美濃山大塚 美濃山狐谷 美濃山幸水 美濃山千原谷 美濃山出口 美濃山出島 美濃山中尾 美濃山西ノ口 美濃山野神 美濃山ヒル塚 美濃山古寺 美濃山細谷 美濃山宮ノ背 美濃山宮道 美濃山御幸 美濃山御幸谷 八幡安居塚 八幡池ノ首 八幡石不動 八幡一ノ坪 八幡今田 八幡植松 八幡大芝 八幡大谷 八幡長田 八幡女郎花 八幡垣内山 八幡カイトリ 八幡柿ケ谷 八幡柿木垣内 八幡神原 八幡河原崎 八幡岸本 八幡北浦 八幡沓田 八幡久保田 八幡源氏垣外 八幡源野 八幡御幸谷 八幡五反田 八幡小西 八幡御馬所 八幡小松 八幡菰池 八幡在応寺 八幡盛戸 八幡砂田 八幡沢 八幡三反長 八幡三ノ甲 八幡三本橋 八幡式部谷 八幡軸 八幡科手 八幡柴座 八幡清水井 八幡城ノ内 八幡菖蒲池 八幡水珀 八幡隅田口 八幡千束 八幡双栗 八幡園内 八幡高畑 八幡高坊 八幡旦所 八幡月夜田 八幡土井 八幡東林 八幡苗田 八幡長谷 八幡中ノ山 八幡長町 八幡名残 八幡西島 八幡西高坊 八幡馬場 八幡番賀 八幡東浦 八幡東島 八幡備前 八幡樋ノ口 八幡平谷 八幡平田 八幡平ノ山 八幡広門 八幡福禄谷 八幡舞台 八幡松原 八幡南山 八幡武蔵芝 八幡森 八幡森垣内 八幡焼木 八幡八萩 八幡山路 八幡山下 八幡山柴 八幡山田 八幡山本 八幡吉野 八幡吉野垣内 八幡吉原 八幡渡ル瀬
京都府八幡市の駅
石清水八幡宮駅(京阪本線)京都府八幡市八幡科手1
橋本駅(京阪本線)京都府八幡市橋本中ノ町37
ケーブル八幡宮口駅(石清水八幡宮参道ケーブル線)京都府八幡市八幡高坊2
ケーブル八幡宮山上駅(石清水八幡宮参道ケーブル線)京都府八幡市八幡平ノ山85-1

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府八幡市の観光スポット「さくらであい館」

京都府八幡市のおすすめする観光スポットとして、「石清水八幡宮」や「上津屋橋(流れ橋)」などがありますが、個人的におすすめするのは「さくらであい館」です。

京都府八幡市にある「さくらであい館」は、京都府を代表する川は、宇治川・木津川・桂川が合流する三川のほど近い桜の名所として建てられたまだ新しいの観光スポットです。

この施設には展望塔があり、地上約25メートルの高さから眺める河川敷はとても綺麗です。京都の街並みを一望することができたり、桜が咲く「春」に行くと展望塔から桜並木を一望でき、とても絶景で今まで見たことがないアングルの桜並木を楽しむことができるようになっています。

館内は綺麗で、木の温もりを感じられるようになっていますし、飲料と17アイスの自販機があり、サイクリングやウォーキングなどの休憩にも利用されているようでした。土日になると、地元の農家の方が野菜などを少しだけですが、販売されていたりします。

京都府八幡市にある観光スポット「さくらであい館」を紹介しました。八幡市には歴史を感じられる観光スポットなどが多くあるので、ぜひ春時期に遊びに行った時は、この「さくらであい館」に行ってみてください。

「春は桜、秋は紅葉の男山」がある「八幡市」

「八幡市」は「やわたし」と読み京都府の南部に位置している市です。
総人口は、70,027人 (推計人口、2021年9月1日)で総面積は、24.35km2です。
「八幡市」に隣接している自治体はいくつもあり、京都府内では京都市、城陽市、京田辺市、乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町で大阪府の枚方市、三島郡島本町とも隣接しています。
皇室だけでなく武家や庶民からも幅広い信仰を集めていた石清水八幡宮の鳥居前町として発達しました。
平安時代に書かれたという「竹取物語」の舞台になったのは「京都府長岡京市」であるとも「八幡市」であるとも言われています。
男山・橋本地区に大規模な住宅が造成されてから多くの人が暮らすようになり、大阪方面へのベッドタウンとして発展しています。
「八幡市」の観光スポットとしては「石清水八幡宮」が挙げられます。
源義家が社前で元服して八幡太郎と名乗ったことから源氏の信仰が厚いとされています。
徳川家光の造営による現社殿は重要文化財です。
内殿と外殿の間に架かっている黄金の橋は織田信長寄進によるものです。
「石清水八幡宮参道ケーブル」の鉄橋は日本一の高さを誇るものです。
ケーブルからの眼下の景色は「春は桜、秋は紅葉の男山」と言われ多くの観光客を愉しませてくれます。

新しい襖に張り替えた良かったと思えた感想です。

第一に仕上がりがとても綺麗でした。襖と縁の結合部分のきっちりと処理され丁寧に施工されています。さすが「襖職人」という仕上がりでした。白基調の柄だったので部屋全体が明るくなりました。壁面のコントラストもいい具合です。作業も早く確か撤去、運搬、取り付けで二日間(翌日)に用品でした。部屋が六畳間の狭い所だったのですが襖を変えてから明るくなったことで広く見えるし室内に居ても同じように広く感じています。レール部分も調整してくれ開閉がとてもスムースになりました。取っ手部分も交換しています。取っ手部分も重要な箇所と感じています。襖の開閉時直接手を触れる箇所なので触った感触がまえにt李付けていたものとは違うように思えます。滑らか、金物的な感触がない優しいものでした。家が木造なので新しい襖にすると建付けに問題が出ると心配しましたが若干の調整で問題ありません。どちらかというと古い物が反ってしまいそれが不具合になる事が多いようです。裏面も前面同様に丁寧な施工でした。見えない所ほど丁寧に施工しており感心したことを憶えています。明るくなり、広く感じるようになり、開閉もスムースで交換して満足しています。今後は周期的に交換したいです。

「和ふすま」と「量産ふすま」の種類と襖の特徴

襖とは日本独特のものであり、日本家屋の和室の間仕切りとして使われる建具です。
襖は平安時代が始まりだと言われていて、障子から変化して襖障子(襖)が作られました。
襖は、襖紙、縁、引手によって作られており、襖紙の張り方は、「和ふすま」と「量産ふすま」では違った張り方になっています。
襖の種類には「和ふすま」と「量産ふすま」の2種類があり、襖紙の張り方や縁の取り付け方が違っています。
「和ふすま」(本ふすま)には、本ふすま、在来ふすま、チップボールふすま、ペーパーコアふすまなどの種類があり、「和ふすま」は、下張りや襖紙を何度も張り替えることができるのが特徴です。また縁も、隠し釘という方法で取り付けられているので、簡単に取り外しでき、縁のデザインを変えることもできます。
「量産ふすま」には、発砲系ふすま、段ボール芯ふすま、ペーパーコア芯ふすまがありますが、「量産ふすま」は、下張りや襖紙をはがして張り替えることができないのが特徴です。
「和ふすま」は古くから日本で作られてきた伝統的な襖で、職人の手作りが基本なので時間が掛かりますが、耐久性とデザイン性を兼ね備えています。
「量産ふすま」は、「和ふすま」よりも価格が安いので、お手軽に取り入れられるのが魅力です。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ