ふすまの張替えページ

渋川市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

渋川市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

赤城町勝保沢 赤城町上三原田 赤城町北赤城山 赤城町北上野 赤城町栄 赤城町敷島 赤城町滝沢 赤城町棚下 赤城町樽 赤城町津久田 赤城町長井小川田 赤城町溝呂木 赤城町見立 赤城町南赤城山 赤城町三原田 赤城町宮田 赤城町深山 赤城町持柏木 阿久津 有馬 伊香保町伊香保 伊香保町水沢 伊香保町湯中子 石原 祖母島 小野子 金井 上白井 川島 北牧 渋川 白井 中郷 中村 南牧 半田 吹屋 北橘町赤城山 北橘町上南室 北橘町上箱田 北橘町小室 北橘町下南室 北橘町下箱田 北橘町箱田 北橘町八崎 北橘町分郷八崎 北橘町真壁 行幸田 村上 八木原 横堀
施工エリア内の群馬県渋川市の駅
祖母島駅(吾妻線) 群馬県渋川市祖母島292
小野上駅(吾妻線) 群馬県渋川市村上3330-2
小野上温泉駅(吾妻線) 群馬県渋川市村上376-1
金島駅(吾妻線) 群馬県渋川市川島196
敷島駅(上越線) 群馬県渋川市赤城町敷島354-7
渋川駅(吾妻線)(上越線) 群馬県渋川市渋川辰巳町1651-4
津久田駅(上越線) 群馬県渋川市赤城町津久田
八木原駅(上越線) 群馬県渋川市八木原1145
ほととぎす駅(伊香保ロープウェイ) 群馬県渋川市伊香保町伊香保
見晴駅(伊香保ロープウェイ) 群馬県渋川市伊香保町伊香保

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

渋川市のエリア情報や魅力はどうなっている?

渋川市は群馬県の中央部に位置する市町村です。
榛名山や利根川といった存在に囲まれており、全体的には自然に富んだエリアという印象が強いと思われます。
自然に富んだエリアということで、産業で言えば農業は広く行われていて、山の部分を開拓して実施されている状況です。
農業は渋川市における経済のポイントと評価できますが、他にも伊香保温泉に代表される観光業、川から流れる水を生かした工業などが存在し、そういった側面もこの地の産業における重要な箇所になります。
気候について見てみると、夏は非常に気温が高くなり、雨がよく降るという傾向が存在します。
しかし、年間を通じては雨があまり降りませんし、雪もほとんど見られないので、全体的には過ごしやすさを実感できる状況と評価できると思います。
そして、渋川市の交通面に関しては、JR東日本の上越線、吾妻線が利用でき、上越新幹線が市内を通過しています。
それ以外では関越交通、日本中央バス、群馬バスといった路線バスもいくつか運行しているので、鉄道以外の選択肢もちゃんと用意されているのです。
このような環境が存在しているのであれば、渋川市における毎日の生活で困る光景はまず想像できないと言えるでしょう。

渋川市は実は結構日帰り温泉がある町です。

群馬県で渋川市というとインターをおりて、伊香保や草津方面に東京あたりからくる人は利用することが多いのですが、実は渋川市自体に日帰り温泉が結構あります。しかも結構安くて町で経営している事もあり、施設もしっかりしているところが多いのです。

渋川スカイテルメ。

住所:群馬県渋川市半田3129-1
大きな建物の4階付近にある(中のエレベーターには二階と表示されていますが、高さはそれくらいあります。)日帰り温泉施設です。高いところから眺める温泉施設です。シャンプー石鹸も完備。
■利用料金
大人 平日600円 土日祝+100円
小人 平日300円 土日祝300円

施設の内容としては結構安い方にあたると思います。

北橘温泉 ばんどうの湯
住所:群馬県渋川市北橘町下箱田605−5
料金はなんと300円
驚きの価格です。露天風呂には大きな水車、内風呂露天風呂があり、この内容で300円とは驚き。スタンプカードもあってたまると一回無料。外には農作物の直売所。食事何処も完備。眺めも最高です。夜に行っても夜景も最高です。
シャンプー石鹸も完備。

勿論草津や伊香保も魅力的ですが、手軽に日帰り温泉を楽しむのもいいと思います。渋川近くには日帰り温泉が結構あります。

襖を張り変えて家のイメージが激変しました

実家は築40年以上のいわゆる昔の家です。8畳間が4つ並んでいます。これは当時の一般的な間取りです。その間が一面だけ壁になっていましてその他が襖です。とにかく襖が多いのです。襖というと、柄が描かれていて素材的にもなかなか掃除しにくかったりします。掃除機で吸ったり、はたきでほこりを落とす程度だと思います。我が家は30数年変えていませんでした。しかし、私の前職がリフォーム関係でしたので、職人の方に張り替えをお願いしました。イメージがガラッと変わるのはもちろん、前の黄ばんでいるような薄汚れた襖に比べて、部屋全体に清潔感が出ました。もともと襖というものはメンテナンスしやすいようにできているので、もっと早くにやればよかったなぁと感じました。柄や素材なども選ぶことができますので、部屋の用途やイメージに合わせて選んでみるのも楽しいです。また、襖自体にも種類があって発砲スチロールでできている襖など、軽量のものもあります。よく外して使ったりする場所はこういったものが便利です。その他にも部分的に壊れている枠なども修理できる場合は直してもらえますので、張り替えをお願いする場合は聞いてみるのもよいです。全体的にメンテナンスしてもらえますので、とてもおすすめです。

妻好みの襖紙に張替えて、すっかり愛らしくなった我が家の和室

妻も私もまだ30代前半で、結婚当初は賃貸アパート暮らしでしたが、3年ほど前から今の注文住宅に住み始めています。
お互いに古い人間ではないので、食事や趣味といった幅広いジャンルに置いて和風よりも洋風を好むところがあり、今の住いは洋が基調となっていますが、その中にあえて和室を一室だけ設けてあります。
用途は客間としてです。
お互いに過去に誰かの御宅に招かれた時、客として洋間よりも和室に通される方が”おもてなし感が強い”と感じた経験が共通してあったので、我が家も客間として和室を一つ用意することは欠かせないという話になったのでした。
我が家の和室にはもちろん、襖がありますが、襖は空間の仕切りだけではなく、和室の押し入れにも取り入れています。
どの襖も無難に白い無垢な柄を撰んでしまったのですが、住まう内に二人とも徐々に客間としての和室なのに、なんだか襖の白さが目立って部屋全体が殺風景に感じられるのが気になり始めるようになりました。
そこで、柄にこだわった襖に張り替えようという話になりましたが、自分達で張替えなんて出来る自信も無ければ、そもそも大切な客間、こんな時はプロの襖職人さんに任せようと、まずは相談してみることにしました。
提案して頂いた襖紙の中に、妻がピンクの小花が混ざる柄を持つ襖紙を見つけた時「これがイイ」と目をキラキラしながらs強く主張するので、すぐにソレに決めることになりました。
決まったら後は職人さんお任せは安心でした。
費用はそれなりにかかっても、自分達が毎日暮らす家の一部、しかも大切な客間様ですから必要な買い物だと思っています。
今では妻好みの愛らしい襖で色どられた我が家の和室は、妻が自分の部屋にしたいとも言い出す始末で、嬉しい意味で困っています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ