畳の張替えページ

高山市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

高山市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

高山市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

高山市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

高山市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

畳の文化を再認識し、畳のある生活を見直すことが重要です

日本の文化として、世界に広く認められたものに和食があるが、日本の建築においても文化的な意味と趣を持っているものが多い。その一つが、畳の文化と言える。この様式は、世界に類がなく日本独特で固有の文化様式である。
畳が現代の様式に近づいたのは、平安時代であったと言われている。当初は、板敷きの上に敷くクッション素材的な用いられ方が主流ではあったが、室町時代以降の書院造の発展とともに変化してきたと言われている。茶道の拡大や正座する様式とあわせてさらに広まったと言える。
家屋の寸法を表現する時に、畳の枚数を基準にすることが多い。しかし、基準となる1間の寸法が時代や地域等で統一されていないため、差が生じることがある。例えば、京間・本間・関西間は1間が6尺3寸であり西日本で使用されている寸法ですが、中京間は1間が6尺であり中部地域で使用されている。
また、別の基準で部屋の大きさを考える方式もあり、それを柱割りという。江戸間・関東間・田舎間は1間が6尺だが柱割りであり、他に団地間や公団サイズ、五六間のような公団住宅やアパート・マンションのような共同住宅で採用されている寸法も存在する。
このように畳は、歴史の流れや生活スタイル、地域の文化や基準によって様々に分化しながら発展してきており、畳を素人が簡単に語ることは難しい部分も多い。畳の生活様式が健康面や家族のコミュニケーションの面からも見直されており、畳の張替えを積極的に行って日本の文化を守ることが重要です。

高山市の畳張替え・修理・新調施工エリア

愛宕町 旭ケ丘町 一之宮町 越後町 塩屋町 奥飛騨温泉郷一重ヶ根 奥飛騨温泉郷今見 奥飛騨温泉郷笹嶋 奥飛騨温泉郷神坂 奥飛騨温泉郷赤桶 奥飛騨温泉郷村上 奥飛騨温泉郷中尾 奥飛騨温泉郷田頃家 奥飛騨温泉郷栃尾 奥飛騨温泉郷柏当 奥飛騨温泉郷福地 奥飛騨温泉郷平湯 奥飛騨温泉郷蓼之俣 岡本町 下一之町 下岡本町 下三之町 下切町 下二之町 下之切町 下林町 花岡町 花川町 花里町 岩井町 久々野町阿多粕 久々野町引下 久々野町久々野 久々野町久須母 久々野町山梨 久々野町渚 久々野町小屋名 久々野町小坊 久々野町大西 久々野町長淀 久々野町辻 久々野町無数河 久々野町木賊洞 久々野町柳島 久々野町有道 桐生町 江名子町 高根町阿多野郷 高根町下之向 高根町黍生 高根町小日和田 高根町上ケ洞 高根町大古井 高根町池ケ洞 高根町中洞 高根町中之宿 高根町猪之鼻 高根町日影 高根町日和田 高根町野麦 高根町留之原 国府町宇津江 国府町瓜巣 国府町宮地 国府町桐谷 国府町金桶 国府町広瀬町 国府町糠塚 国府町今 国府町三川 国府町三日町 国府町山本 国府町漆垣内 国府町上広瀬 国府町西門前 国府町村山 国府町鶴巣 国府町東門前 国府町八日町 国府町半田 国府町蓑輪 国府町名張 国府町木曽垣内 左京町 桜町 三福寺町 山口町 山田町 七日町 漆垣内町 若達町 宗猷寺町 春日町 初田町 曙町 匠ケ丘町 昭和町 松倉町 松之木町 松本町 上一之町 上岡本町 上三之町 上切町 上川原町 上二之町 上宝町下佐谷 上宝町葛山 上宝町岩井戸 上宝町吉野 上宝町宮原 上宝町金木戸 上宝町見座 上宝町荒原 上宝町在家 上宝町新田 上宝町鼠餅 上宝町双六 上宝町蔵柱 上宝町中山 上宝町苧生茂 上宝町長倉 上宝町本郷 上野町 城山 新宮町 森下町 神田町 神明町 吹屋町 清見町夏厩 清見町江黒 清見町坂下 清見町三ツ谷 清見町三日町 清見町上小鳥 清見町森茂 清見町巣野俣 清見町大原 清見町大谷 清見町池本 清見町藤瀬 清見町楢谷 清見町二本木 清見町福寄 清見町牧ケ洞 西町 西洞町 西之一色町 石浦町 赤保木町 千島町 川原町 前原町 相生町 総和町 荘川町一色 荘川町猿丸 荘川町海上 荘川町岩瀬 荘川町牛丸 荘川町黒谷 荘川町三谷 荘川町三尾河 荘川町寺河戸 荘川町新渕 荘川町赤谷 荘川町惣則 荘川町中畑 荘川町中野 荘川町町屋 荘川町尾上郷 荘川町牧戸 荘川町野々俣 荘川町六厩 大新町 大島町 大洞町 大門町 滝町 丹生川町芦谷 丹生川町瓜田 丹生川町塩屋 丹生川町下保 丹生川町岩井谷 丹生川町旗鉾 丹生川町久手 丹生川町桐山 丹生川町根方 丹生川町細越 丹生川町三之瀬 丹生川町山口 丹生川町小野 丹生川町新張 丹生川町森部 丹生川町折敷地 丹生川町曽手 丹生川町駄吉 丹生川町大萱 丹生川町大沼 丹生川町大谷 丹生川町池之俣 丹生川町町方 丹生川町日影 丹生川町日面 丹生川町柏原 丹生川町白井 丹生川町板殿 丹生川町法力 丹生川町坊方 丹生川町北方 中山町 中切町 朝日町 朝日町一之宿 朝日町黍生谷 朝日町宮之前 朝日町桑之島 朝日町見座 朝日町胡桃島 朝日町甲 朝日町黒川 朝日町寺附 朝日町寺澤 朝日町小瀬 朝日町小瀬ケ洞 朝日町小谷 朝日町上ケ見 朝日町西洞 朝日町青屋 朝日町浅井 朝日町大廣 朝日町万石 朝日町立岩 長坂町 鉄砲町 天性寺町 天満町 冬頭町 島川原町 東山町 日の出町 馬場町 八軒町 八日町 八幡町 片原町 片野町 堀端町 本町 本母町 末広町 名田町 問屋町 有楽町 緑ケ丘町

飛騨の小京都高山市 四季折々の魅力あふれる高山市

高山市は2177.67という日本一広い面積を有する街である。 岐阜県の北東部に位置し、日本アルプス連峰を擁し、白山、槍ヶ岳や穂高岳などを望む。 盆地特有の気候で寒暖の差が激しく、豪雪地帯として有名である。
高山市の市章は「岳」という文字を図案化したものであり、山の、都を象徴している。 高山市の木は一位一刀彫の材料として有名な「いちい」の木である。 高山市の花は「こばのみつばつつじ」春先に紅紫色の花を見ることができる。
高山市は仏ミシュランの旅行ガイドで三つ星を獲得、「日本の原風景を残す街」として紹介されている。 飛騨の小京都ともいわれる江戸時代から続く古い町並みが保存されており、古民家に宿泊して田舎暮らしを体験するツアーなども人気で、国内外から観光客が訪れている。
高山市の特産品としては飛騨牛が有名である。 寒暖の差の激しい気候を活かして作られた野菜は都市部に空輸され、飛騨高冷地野菜として知られている。 赤かぶ漬けや漬物ステーキ、朴葉味噌などはの土地に古くからある郷土料理である。
高山市が飛騨の小京都と言われる所以の一つが「高山祭」であろう。 祭り行列は総勢100名にもおよび、伝統の衣装を身にまとい、笛と太鼓、かんかこの音に包まれながら静かに街中を練り歩く。 絢爛豪華な祭り屋台は夜になると提灯をともし、幻想的な雰囲気に様変わりするのも一興である。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから