ふすまの張替えページ

中津川市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの表替えキャンペーン中

中津川市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

中津川市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

中津川市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

中津川市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

和襖の張替え手順について

昔ながらの製法で作られている本格的な和襖の張替え手順はかなり複雑です。ネット通販などを利用すれば比較的簡単に新しい襖紙を購入することができますので、自分で張替えしてみようとする人がたまにいますが、和襖の張替えは専門業者に頼んでしまうのが一番です。素人が下手に弄り回すとせっかくの和襖を壊してしまう可能性が高いので、安易に手を出さないようにした方がよいです。 和襖を張替える場合、まず取り外した襖を分解する必要があります。実は、和襖の場合、隠し釘を抜けば簡単に枠を分解することができるようになっています。枠や引手を取り外したら、上張りされている古い襖紙を剥がします。そうすると薄い下張りが現れてきますので、今度はその下張りの薄紙を丁寧に全部剥がし取っていきます。それを剥がし終えると、芯である組子が出てきますから、傷んでいる組子を修繕して全体を乾燥させます。全体がすっかり乾燥したら、下張りを張るところから行うということになります。 これを読んでいただければ、和襖の張替えがいかに大変なものであるかがよくわかっていただけるはずです。実際に無理に自分で張替えようとして襖をダメにしてしまうケースがとても多いので、最初から専門業者に依頼した方がよいです。

中津川市の概要について

中津川市は岐阜県の南東部に位置し人口は約7万8千人、人口密度は平方キロ当たり116人の地域となっています。 長野県に隣接し市域には断層が走っていて山地も多い土地となっています。 中津川市の中心部はかつては中山道の宿場町として栄え、今日でも歴史ある街並みが見られます。 1952年に市制施行で中津川市が誕生しました。 中津川市の人口は1970年以降1995年までは増加して来ていましたが、それ以降は減少傾向に転じています。 中津川市の産業ではノギスやマイクロメーター等の測定器の製造や総合電機メーカーの工場などがあります。 中津川市の鉄道面ではJR東海の中央本線が走り、明知鉄道の明知線も走っています。 バス路線では北恵名那交通や東濃鉄道、JRバス関東との共同運行のバス路線が運行しています。 中津川市の名所・旧跡、観光スポットとしては日本百名山に入る山や温泉リゾート、馬篭宿、城跡、渓谷、ふれあい牧場、国の天然記念物の大杉、有形民俗文化財の芝居小屋、自然公園、遊園地、観光施設、鉱山、キャンプ場、自然植物園、子ども科学館、歴史資料館、鉱物博物館、神社などがよく知られています。 グルメや特産物としては栗やきんとん、菓子、ごぼう、味噌などがあります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ