たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

尾張旭市のたたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

くわしくはこちらから!

尾張旭市のふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

尾張旭市のしょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

尾張旭市のあみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

くわしくはこちらから!

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

尾張旭市の施工地域

旭ケ丘町旭ケ丘・ 旭ケ丘町山の手・ 旭ケ丘町森・ 旭ケ丘町濁池・ 旭ケ丘町長洞・ 旭前町広久手・ 旭前町新田洞・ 旭前町西新田・ 旭前町北・ 旭台・ 井田町・ 稲葉町・ 印場元町・ 印場元町細田・ 印場元町北山・ 下井町下井・ 下井町前の上・ 下井町刎内・ 霞ケ丘町中・ 霞ケ丘町南・ 霞ケ丘町北・ 吉岡町・ 向町・ 根の鼻町・ 桜ケ丘町・ 桜ケ丘町西・ 三郷町栄・ 三郷町角田・ 三郷町中井田・ 三郷町陶栄・ 三郷町富丘・ 狩宿新町・ 狩宿町・ 渋川町・ 庄中町・ 庄中町渋川・ 庄中町南島・ 庄南町・ 上の山町間口・ 上の山町山畑・ 城山町向ケ丘・ 城山町三ツ池・ 城山町城山・ 城山町長池下・ 城前町茅池・ 城前町砂川・ 城前町上大道・ 城前町城前・ 城前町石川・ 城前町八瀬の木西・ 新居・ 新居町下切戸・ 新居町五反田・ 新居町今池下・ 新居町山の田・ 新居町寺田・ 新居町上の田・ 新居町諏訪南・ 新居町西浦・ 新居町明才切・ 新居町木の本・ 瀬戸川町・ 晴丘町池上・ 晴丘町東・ 西の野町・ 西の野町豆塚・ 西山町・ 西大道町下大道・ 西大道町五輪塚・ 西大道町前田・ 西大道町八瀬の木前・ 西大道町六兵衛前・ 大久手町一の曽・ 大久手町上切戸・ 大久手町中松原・ 大塚町・ 長坂町南山・ 東印場町・ 東印場町二反田・ 東栄町・ 東三郷町・ 東山町・ 東大久手町・ 東大道町原田・ 東大道町山の内・ 東大道町曽我廻間・ 東本地ケ原町・ 東名西町・ 南栄町・ 南栄町旭ケ丘・ 南栄町黒石・ 南原山町石原・ 南原山町赤土・ 南原山町南原山・ 南新町中畑・ 南新町白山・ 南本地ケ原町・ 柏井町公園通・ 柏井町弥栄・ 白鳳町・ 平子ケ丘町・ 平子町西・ 平子町中通・ 平子町長池上・ 平子町東・ 平子町北・ 北原山町陀摩屋敷・ 北原山町大久保見・ 北原山町平池浦・ 北原山町鳴湫・ 北原山町六田池・ 北山町北山・ 北山町北新田・ 北山町六反田・ 北本地ケ原町・ 緑町緑ケ丘

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

尾張旭市で健康に暮らしましょう

「尾張旭市」は、愛知県の北西部にある市です。面積は21平方kmと、とても小さな自治体になります。それに対して、人口は8万人強で今も年々増加傾向にあり、人口密度が高くなっています。(丘陵地帯の工業・住宅都市として近年発展しているのです。)
「尾張旭市」は、1970(昭和45)年に市制が施行され、県内で27番目の市として誕生しました。「尾張旭市」の特徴として、大きな公園が沢山あることが挙げられます。特に、最も大きい公園は「尾張旭市」の面積の15%ほどを占めています。
広大な県所有の林の中には、数々の体育施設やゴルフ場、池、植物園、乗馬場などがあります。「尾張旭市」は、2004(平成16)年に「健康都市宣言」をしたことでも有名です。寝たきりにさせない。外に出かけたくなる。住み続けたくなる街づくりを目指しています。
現在の「尾張旭市」の歴史を紐解いてみると、縄文時代には人が住んでいて、弥生時代には集落が存在していたことが分かっています。また、江戸時代には農業が発展し、明治時代には養蚕業が、昭和に入ると陶磁器産業が盛んになりました。
そして現在、「尾張旭市」では、電化製品を作る企業の参入により、製造業が主流になっています。また、名所・旧跡としては、神社・寺・弘法大師像・国の登録有形文化財などがあります。さらに、各種まつりも開催されています。

襖の張替えの、大まかな流れです。

襖を張替えることのメリットは何でしょうか。やはり一番のメリットは、手軽に部屋の雰囲気を変えることが出来るという事ではないでしょうか。色やデザインの違う襖紙に張替えることによって、部屋の模様替えが気軽に出来ます。
壁紙を張替えるとなると大がかりですが、襖の張替えは業者に依頼をすれば簡単にやってもらえます。ネットで概算の見積りが出来る業者もあるので、張替えをお考えの方は、まず見積りだけでもやってみてはいかがでしょうか。
襖の張替えを自分でやる方も中にはいるようですが、仕上がりの美しさや手間の事を考えると、プロに任せた方が無難です。襖紙をシワやヨレが出ないようにきれいに仕上げるのは、慣れない方にとってはかなり難しいものです。
襖を張替えてくれる業者さんは、フリーダイヤルの番号をホームページに載せている事も多いです。電話での問い合わせも気軽に行ってくれますから、疑問点は最初に聞いておくと良いでしょう。ご自宅に来てもらう時には襖紙のサンプルを持って来てもらえるので、好きなデザインを選びましょう。
実際に現地(ご自宅)を見て見積りをしてもらい、その金額に納得してはじめて契約となります。その際に具体的なスケジュールの確認も行なわれます。業者は一度現物を持ち帰り、張替えた上、希望の日程に納品となります。

尾張旭市は生活しやすい街です。

尾張旭市は名古屋市に隣接しながらも、緑が多くとても生活しやすい街です。名古屋市の中心部までは名鉄電車で30分と通勤圏内です。市内にはスーパーマーケットも複数有りますし、日常生活での買い物には困る事がありません。道路も比較的整備され、小さな子どもを遊ばせる事の出来る公園や児童館も地域毎に有ります。週末には少し足を伸ばして市北部に位置する森林公園で楽しむのもお勧めです。子育て世代にはとても暮らし易い街です。尾張旭市内を歩くと、ひまわりをモチーフにした可愛らしいキャラクターを見かけます。尾張旭市のマスコット「あさぴー」です。市役所にはキーホルダーや文房具などのあさぴーグッズの販売コーナーもあります。市内にはあさぴーがプリントされた市営バスが走っています。市内を循環していてコースにはスーパーや病院前も含まれていますので、自分で車を運転でき無い高齢者の方にはとても便利なサービスです。又、尾張旭市は健康都市をテーマにしているだけ有り、早朝や休日にはランナーやウォーキングを楽しむ人を多く見かけます。走ったり歩いたりし易いコースが整備され、年に数回尾張旭市の主催でマラソン大会、ウォーキング大会等も有ります。家族で参加される方も多く、子育て世代には嬉しいイベントです。

畳の張替えなら

日本の家庭の床で伝統的に使われているのが畳であり、 その見た目の親和性が古くから愛され、また機能性 に優れていることから誰からも好まれています。 高温多湿な日本の風土にあった畳は一般の民家から お城にまで使われてきました。
畳の張替えは素人では難しいこともあり、その張替えには 力仕事が必要であったり、大きさの正確さを見抜くことが必要です。 なので自分で行うことをせず、専門的な知識と技術を持った業者が張替えを行うことが必要なのです。
畳業者に張替えを定期的に依頼すればいつもで新しい畳にしてくことができます。新品でも日頃から掃除をするなど清潔にしておくことでその維持管理ができます。 大事にしておくことで長持ちもしますから、経済的にもお得です。
畳張替えには専門的な道具が必要であり、それを一般で手に入れることは コストがかかったり、また作業場が必要になったりします。 そして畳を運ぶときの力などが必要であり、主婦や年配の方には 難しい作業です。だからこそ業者に依頼します。
張替えに必要なスキルは一般では学ぶことができないものです。 一般家庭にあるような六畳一間など、間を形成するために 半分にすることも張替えには必要な技術です。 だからこそ畳の張替えには専門業者を呼ぶことが無難なのです。

愛知県尾張旭市の特徴

愛知県北西部に位置する尾張旭市は北側と西側は名古屋市と、東側は瀬戸市と南側は長久手市とそれぞれ隣接しており、1970年に旧東春日井郡旭町が市制を施行して誕生した愛知県下27番目の市です。尾張旭市の人口は2015年5月1日の推計値で81,924人、面積は21.03平方キロメートルで人口密度は1平方キロメートル当たり約3,896人となります。尾張旭市の立地は名古屋から瀬戸へと延びる瀬戸街道の中間に位置し、名古屋鉄道の電車を利用すれば乗り換え無しで名古屋市の中心部の栄まで行けるアクセスの良さを背景に名古屋市の東部近郊に位置する尾張丘陵の住宅・工業都市として近年発展を続けています。また、尾張旭市は市内に愛知県森林公園・城山公園・小幡緑地(東園)など多くの公演が存在し、中でも愛知県森林公園は尾張旭市の面積の15%程度を占め、その広大な県有林の中に体育施設、植物園、ゴルフ場、乗馬場、池などが配置されています。乗馬場は1994年に開催された国体の際に馬術競技会場として使用されました。尾張旭市は健康増進に力を注いでおり、2004年には世界保健機関西太平洋地域健康都市連合に加盟、健康都市宣言を行い、「寝たきりにさせない街づくり」「外に出かけたくなる街づくり」「住み続けたくなる街づくり」に基づく事業を施策し、「健康都市 尾張旭市」を標榜しています。

愛知県尾張旭市について

愛知県尾張旭市は、中部地方や東海地方の市となっています。面積は21平方キロメートルで、人口は約8万2000人となっています。愛知県尾張旭市に隣接する自治体は、名古屋市や瀬戸市や長久手市となっています。愛知県尾張旭市は、愛知県北西部にあり、1970年に27番目の都市として誕生しています。名古屋から瀬戸へと伸びる瀬戸街道の中間に位置しています。名古屋市の東部近郊にある工業や住宅都市として発展を続けています。また市内にはいくつかの自然も残されており、愛知県森林公園や城山公園などがあります。この中でも愛知県森林公園は、市の面積の15パーセントを占めているという広さです。このほかにたくさんの体育施設やゴルフ場や植物園などがあります。愛知県尾張旭市は、電気機器産業や機械工業、このほかには紙製産業や自動車部品工業が盛んです。全国の干支の置物の約8割を生産している株式会社もあります。愛知県尾張旭市にはいくつかの観光スポットがあります。渋川神社は山田郡の総社となっており、織田信長が社殿を改修したとされています。そして徳川光友が再建をしています。このほかに建物の一部が国の登録有形文化財に登録されているどうだん亭があります。

障子の張替えはプロに依頼するのがお勧め

和室によくある障子だが、張替えて一年ほど経つと全体的に黄ばんくることが多い。また、小さな子供がいる家庭や、ペットを室内飼いしている家庭では、破れなどの破損がひどくなりがちである。こういった家庭ではマメに障子の張替えを行うことが必要だ。
近頃流行のDIY、日曜大工で自力で障子を張替えることもできるが、意外と難しいことで知られている。糊の薄め具合が難しく、大半の人が障子にシワが寄ってしまう。また、雨の日には湿気の関係で表面が波打ってしまうことも多くある。
住宅の和室は応接間に使用されることも多く、お客様が来るのが晴れの日ばかりであるとは思えない。特に気を使ったり、目上の方がこられる時に限って湿気が多い日で、たわんだ障子を見られてしまうととても恥ずかしい思いをすることになる。
このようなことを避けるためには、障子の張替えにはプロの手を借りることをおすすめする。材料を一括で購入することや企業努力もあり、最近ではリーズナブルな金額で障子の張替えを行ってくれる業者も多くなってきた。
また、業者に張替えを頼むと、障子紙の材質やデザインも様々あり、ホームセンタ-で購入するよりもたくさんの種類の中から選ぶことができる。各家庭により好みの材質やモダンながらなども選ぶ事ができるので、部屋の模様替えをする気分で張替えることができるのだ。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから