ふすまの張替えページ

大府市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

水の豊富な大府市は遺跡と公園が多くある街

愛知県西部に位置する大府市には平安時代になると陶業に力を入れており、横根町には羽根山古窯群があります。現在は自動車産業が街を支えており、国内、海外に多くの車を輸出。

そんな大府市にはガンジ山や座頭泣かせ山、狐山など変わった名前の山があるのも特徴的。川も多く流れており、砂川、尾坂田川、石根川、長草川、そして市の中心を流れる 川があり、これからの川の水をうまく利用して、農業用水として取り入れています。

また、牛池や大池、上鴨池、川池など30以上もの池があり、水が豊富にある街です。

大府市はかつて遠浅の海であったことから魚がたくさん獲れました。その魚を求めて、旧石器時代にもなると多くの人が漁業をして居住するようになります。

その時代に造られた遺跡が共栄町にある共栄遺跡です。弥生時代には規模の大きい子安神社遺跡ができ、弥生土器や土師器が見つかっています。

グルメの街でもある大府市にはラーメン屋が多く点在しており、県外訪れる観光客にも喜ばれています。

県内でも一番生産量が多い巨峰で作ったアイスやジュース、ジャムの特産品も好評です。巨峰狩りやイチゴ狩りの体験もできるのも楽しいところ。

木の山には美味しい芋が育ち、新鮮な芋で作られた芋焼酎も人気があります。

街には2,800本のツツジが楽しめる大倉公園や12.6ヘクタールの敷地面積を誇る二ツ池公園、5メートルも吹き上がる噴水が楽しめる大府みどり公園、あいち健康の森公園など8ヶ所もあり、市民の憩いのオアシスとして親しまれています。

知多四国八十八ヶ所めぐりにも登録しているお寺が六ヶ所あり、お遍路巡りもできる街です。自然、歴史、そして食材と揃う大府市は、

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

尾張丘陵での果樹栽培が盛んな愛知県大府市

愛知県大府市の人口は約9万3千人で、県内にある38の市の中で16番目であり、面積は約34平方キロで26番目です。1970年(昭和45年)に市制が敷かれます。大府という市名は、伊勢神宮の神符に関係する「大夫」や「大符」に由来すると伝えられています。

愛知県大府市は愛知県の西部中央、知多半島の入口に立地し、北部を名古屋市緑区に接し、東部を境川を挟んで刈谷市に対しています。市内をJR東海道本線、武豊線が走り、国道23号・155号・366号、知多半島道路、伊勢湾岸自動車道が通ります。

愛知県大府市が立地する知多半島の尾張丘陵は緩やかな起伏のため、早くから酪農や果樹栽培が盛んに行われていました。第二次世界大戦後はタマネギやキャベツなどの野菜の栽培が増え、ブドウの観光農園が目立つようになります。

愛知県大府市は名古屋市に接しているため、近年は名古屋通勤者のベッドタウン化が急速に進んでいます。また工業では、自動車関連工場が多く建っています。

愛知県大府市はサクラの名所として桃山公園が有名です。また、藤井神社蔵の「藤井宮御酒瓶子」や、延命寺の「刺繍普賢菩薩像」、円通寺の「木造毘沙門天立像」などの県指定文化財があります。ちなみに、長草天神社のどぶろく祭りは、一般参詣者にどぶろくがふるまわれるという珍しい風習が残っています。

襖の張替える手間とかを省ける

日本家屋にあるものといえば襖です。襖はとても大事なものであり、しっかりと部屋の区切りをつけてくれるということもそうですし、きちんと張られている襖ですと部屋の雰囲気を実に良くしてくれることでしょう。しかし、何かと汚れることがあるのも襖でもあります。タバコなんかを吸っていたりするいやなんかではそのタバコの煙を吸収してしまうということもあったりするので、それで黄ばむこともあります。そうでなくてもある意味で紙で出来ているわけですから、結構日常的に汚れてくる可能性というのがあったりするわけでそういう場合は張替えるわけです。取り替えるという手もありますが、安い襖ならばともかくとして本襖のようなものであれば、基本的には張替えるほうがお得であることが多いです。そちらの方がコストパフォーマンス的に優秀ということがあるわけです。しかし、自分でやろうとしない方が良いでしょう。何しろ、自分でやろうとすると一気に難易度が高くなります。きちんとしたふすまを張り替えてくれる業者というのを探して自分のイメージするような襖紙なんかを選んで張替えてもらう、というのがベストです。最近では色々と変わった襖なんかもあったりするのでそういうものにしてもらうなんていうのも張替えを業者にお願いする利点であるといえるでしょう。張替える手間をなくせるのも大きいです。

大府市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

一屋町・ 横根町・ 梶田町・ 吉川町・ 吉田町(よしだちょう)・ 吉田町(よしだまち)・ 宮内町・ 共栄町・ 共西町・ 共和町(きょうわちょう)・ 共和町(きょうわまち)・ 月見町・ 江端町・ 高丘町・ 桜木町・ 若草町・ 森岡町・ 森岡町(大字)・ 神田町・ 大東町・ 大府町・ 中央町・ 朝日町・ 長根町・ 長草町・ 追分町・ 東新町・ 桃山町・ 馬池町・ 半月町・ 柊山町・ 米田町・ 北崎町(きたさきちょう)・ 北崎町(きたさきまち)・ 北山町・ 明成町

襖の種類と張替えの目安

襖は古くからある和風の建具ですが、様々な種類があります。最も多く使われているのは縁付き襖で、骨を組んで下張りしたものに上張りして、縁と桟を付けたものです。他に和襖の一部に灯取り用の障子をはめ込んだ源氏襖や、縁がなく骨組みの両面に襖氏を貼り包んだ太鼓襖、和室と洋室の間仕切りに設ける戸襖などです。
張替えを依頼する時、襖紙の種類によって価格が変わってきます。襖紙は大まかに分けると、和紙と織物に分かれます。和紙は新鳥の子と本鳥の子があり、新鳥の子は価格が安く、本鳥の子は高級品とされています。織物は普及版織物・中級織物・上級織物に分かれ、普及版織物は張替え価格もリーズナブルで取り入れやすいです。
襖は部屋の間仕切りに使うイメージがありますが、間仕切り以外にも押入れや天袋、地袋にも使用されます。間仕切りは両面が常に見えるので両面張替えが必要ですが、押入れなどの裏側は裏面用の紙を張れば良いので、襖紙は必要なく張替え価格も抑えられます。
襖の張替えの目安は、経年劣化による不具合が見られた時で、一般的には前回張替えてから10年以上になると張替えの時期に近付いています。具体的には、紙の色が茶色くなったり、カビが生えたり、破れたり剥がれたりするなどです。また、不具合がなくても部屋の雰囲気を変えたい時も、張替えが有効です。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ