ふすまの張替えページ

名古屋市西区のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他の襖施工写真ご紹介はこちら

名古屋市西区はどんな地域であるのか

名古屋市西区は名古屋市を構成している16区の中の一つであり、市としては北西部となっています。面積は約17.9平方キロメートルであり、区は1908年に誕生した歴史があります。そんな大きさであり、歴史のある名古屋市西区ですが、特徴としては西区内を南北で分けるように庄内川が流れていることでしょう。名古屋市西区のテーマとなっているのが水と緑と太陽であり、様々な公園とか緑地などが豊富にある地区でもあります。名古屋市西区にはどんな産業があるのか、ということはかなり多いのが第二次産業でしょう。ます、日本を代表する製造業が創業した近代工業の揺籃としての側面を持つのが名古屋市西区なのです。トヨタグループ発祥の地でもあり、森村グループ発祥の地なんかもあります。他にもサンゲツ、シヤチハタ、タキヒヨーなどの本社もあったりして、かなり日本を代表する製造業が関わっていたりします。 ものづくりの技術を体験できる産業技術記念館とかノリタケの森などもあり、名古屋市西区での産業文化を知ることができるようになっています。色々と体験をすることがてきる、というのは素晴らしいことでしょう。ちなみにパチンコ発祥の地でもあったりします。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

歩いて楽しめる街 名古屋市西区

名古屋市西区は名古屋城からすぐ近く、かつては城下町として栄えていたエリアです。 近くには歴史を感じることのできるスポットもたくさんあり、街歩きを楽しめる街となっています。 かつて名古屋の地に城下町が作られた際、建物を作るための木材などが運び込むため、徳川家康の命により伊勢湾から現在の名古屋市西区のあたりまでの川が作られたのが堀川です。 現在の名古屋の賑わいの礎となる、尾張地区の経済を支えていた堀川。そのほとりにあるのが「四間道(しけみち)地区」。道幅が四間(現在の7メートル)あることからその名が付いたこの地域には、土蔵のある建物が今でも数多く残っています。また、この地域を歩いていると、建物の屋根には「屋根神さま」と呼ばれる小さな祠も目にすることができます。屋根神さまは尾張地区や岐阜にある独特の祠ですが、戦災を逃れたことから、特に名古屋市西区にたくさん残っています。 その四間道地区からほど近いところにあるのが「円頓寺商店街」。こちらは名古屋最古の商店街とも言われていて、毎年七夕祭りなどのイベントも行われる名古屋市西区の中でも有数の規模の商店街です。昭和レトロなお店も数多く残り、店主の皆さんとのやり取りも魅力です。 また、隣接する明道町は、名古屋市西区のみならず、全国でも指折りの駄菓子問屋街です。江戸時代から菓子職人がこの近くに集まり、次第に問屋街へと発展していったとされています。現在でも数多くの問屋が並び、小売りをしてくれるお店も数多くあるため、買い物も楽しむことができます。 この地域から清洲の方面へと繋がっているのが東海道と中山道を繋ぐ「美濃路」です。かつて江戸と大阪を繋ぐこの2つの街道には難所も多く、美濃路を経由して難所を迂回するルートもよく使われていました。そのため人の往来が多く、旅人を相手にした商売も盛んだったとされています。近隣には歴史ある寺社も多く、こちらも歩いて楽しむことができます。 車社会と言われる名古屋ですが、繁栄の基礎には江戸の賑わいがあります。その賑わいの始まりの地といえる名古屋市西区。ぜひ歩いて楽しんでください。

襖の張替えは

自宅の襖は新築で入居した時から何もしてませんでした。とても日当たりの良い部屋に襖が有るため日焼けや押し入れとして使用している場所なので手垢で黒ずんでいました。きっかけも無いのでそのままになっていましたが、自宅で仕事をする機会が増えた為とても気になるようになりました。このように思うこと自体がきっかけになると思い思い切って張替える事にしました。襖の事を調べたところいくつかの種類がある事が分かりました。張替える前の襖は薄い色で汚れが目立っていたので思い切って濃い色の襖紙にしたいと思いました。早速業者さんに相談すると希望に日に見積もりを取りに来てくれました。価格はすべて込みでもとてもリーズナブルで驚きました。工事も一日で終わりました。工事の様子を少し見ましたがとても手際が良く職人の技に感心しました。自分で張替えてみようかなとちらっと思いましたがこの価格で美しくすべて仕上がるならプロの業者さんに頼むのが良いと思います。張替えた部屋は今までの部屋では無いように落ち着いた雰囲気になりました。襖の張替えをきっかけに他の部分もきれいにしたいと思うようになりました。また実家の方もかなり劣化した襖が有るので両親にも勧めてみたいです。

名古屋市西区のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

赤城町 あし原町 天塚町 新木町 市場木町 稲生町 浮野町 牛島町 歌里町 江向町 円明町 大金町 大野木 押切 貝田町 笠取町 上小田井 上名古屋 上橋町 上堀越町 菊井 貴生町 木前町 清里町 康生通 香呑町 五才美町 児玉 こも原町 坂井戸町 栄生 笹塚町 城西 浄心 浄心本通 庄内通 城西町 城北町 城町 新福寺町 新道 数寄屋町 砂原町 浅間 田幡町 玉池町 秩父通 天神山町 東岸町 十方町 鳥見町 中小田井 中沼町 長先町 那古野 名塚町 西志賀町 西原町 野南町 則武新町 花の木 花原町 幅下 樋の口町 比良 平出町 平中町 枇杷島 二方町 宝地町 堀越 堀端町 桝形町 又穂町 丸野 万代町 南川町 南堀越 見寄町 名駅 名西 八筋町 山木 山田町

祖母が生活する離れの襖の張替えについて

私の実家では祖母が10年ほど前から昼間の生活は離れで行っています。普段から布団の出し入れ、衣類の収納なども含め襖の奥にある収納にしているわけですが、どうしても日焼けをしたり手垢がついたりして張替えが必要なタイミングになっていました。しかしながら、さすがに畳等と違って襖の張替え専門店を、探すことも難しかったのが実際のところです。また、少し古い作りだったので少し調べたところ一般的な大きさではないので襖の張替えにあたっても多少カスタマイズが必要なことがわかりました。それでも、リフォームや施工をお願いするような近所の工務店に相談したところ、襖の素材や厚み、大きさのカスタマイズまで全てお願いできる業者さんを紹介してくれました。結果的に襖の張替えについて、ワンストップで工務店にお願いすることがよかろうと思って発注をした次第です。襖の模様についても張替え前に祖母に希望を聞き、カタログの中から選ぶことができました。こう考えると時代とともにユーザ目線に麩の世界も変わっているのだなと感じた次第です。今では祖母は新しい襖を使いながら気分一新しています。やはり、和室には欠かせないツールの1つだと思いました。 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ