ふすまの張替えページ

名古屋市中川区のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他の襖施工写真ご紹介はこちら

名古屋市中川区は歴史ファンにとって興味深い場所がある

名古屋市中川区は市内の西側に位置しており、熱田区や中村区などの他にあま市にも隣接しています。 名古屋市中川区で有名なのは、中川運河があることです。 中川運河は1932年に全線利用できるようになり、市内の南西部を発展させるのに貢献してきました。 しかし、昭和40年代から水上輸送路としての利用が減っていき、近年では運河とその周辺の再開発などが進んでいて現代アートを展示するなどのイベントにも使われています。 名古屋市中川区にある有名なスポットには、元々は中川運河と堀川をつなぐ通船路だった松重閘門があります。 松重閘門は名古屋市の文化財にも指定されており、周辺の公園は桜がキレイな場所であるため、写真撮影をするのにも向いているスポットとなっています。 それ以外に名古屋市中川区で有名なのは、区内にある荒子という地域が前田利家の生まれ故郷だということです。 名古屋市中川区には前田速念寺という前田城の跡地に建てられた寺院もあるので、歴史が好きな人は訪ねてみると楽しめるでしょう。 また、尾張四観音の一つである荒子観音寺も名古屋市中川区にあります。 このお寺は前田家の菩提寺であり、国の重要文化財に指定された多宝塔が見どころになっています。 荒子観音寺は円空仏が1200体以上所有されていることでも有名ですから、仏像に興味があるなら是非行ってみたいスポットと言えるでしょう。 そんな名古屋市中川区には近鉄名古屋線や名古屋市営地下鉄東山線、あおなみ線などの駅があるため電車でも便利にアクセスできます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

名古屋市中川区について解説します。

名古屋市中川区は愛知県名古屋市を構成する16の行政区の一つであり、名古屋市の最西部に位置しています。 名古屋市中川区の面積はおよそ32平方キロメートル、2021年2月時点の人口はおよそ21万9900人と推定されています。 名古屋市中川区に隣接する自治体は名古屋市熱田区、中区、中村区、港区、あま市、海部郡大治町、蟹江町があります。 地名の由来は、名古屋市中心部を南北に流れる中川運河から来ています。 名古屋市中川区は平坦な地形が特徴であり、ほとんどの地域が海抜ゼロメートル地帯です。 またこのエリアには庄内川、新川、戸田川、福田川、荒子川、堀川などたくさんの河川が流れている上、中には海面より低い地域もあり、大雨が降るとしばしば浸水被害に遭うこともあります。 名古屋市中川区の歴史は古く、729年の荒子観音創設に遡ります。 1634年には佐屋街道の宿場町として万場宿が設置され、1930年の中川運河竣工とともに現在の姿になりました。 その後周辺の自治体と合併を繰り返し、1937年の10月に名古屋市中川区として現在に至ります。 名古屋市中川区には国土交通省愛知運輸支局本庁舎、厚生労働省愛知労働局、防衛省自衛隊愛知地方協力本部など国の中枢機関が数多く設置されています。

襖に汚れや破れが生じたら、張替えを検討しましょう

すっかり洋風の住宅が増えましたが、今でも日本人にとって「和室」は愛される存在です。 そんな和室に欠かせないのが「襖」ですよね。 デザイン性に優れているだけでなく、開け放つことで広くも使うことができる襖は機能的で、和室にはなくてはならないものです。 そんな襖も、長く使っていると、色が褪せてきたり、劣化した紙が破れてきたりします。 「破れた襖」を見たことがあるというかたも、きっと多いことでしょう。 しかし襖に貼られているのは和紙であるため、「張替えができる」という大きなメリットがあります。 張替えを行うことにより、また綺麗な状態で使うことができるのです。 使用する環境によって張替えのめやすには違いがあります。 そこで「汚れがめだつ」「破けている」というときは、襖の張替えを検討しましょう。 この張替え方法を教えてくれる動画なども存在しますが、綺麗に張替えるのは難しいものです。 インターネット上では、驚くほど多くの失敗談を見ることができます。 「安く済ませるためにDIYをしようとしたら結果的に高くついた」ということもあります。 襖の張替えをするのならば、専門の業者に依頼してみましょう。 綺麗に襖の張替えをしてもらうことができるため、おすすめです。

名古屋市中川区のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

愛知町 熱田新田東組 荒江町 荒子 荒越町 荒子町 荒中町 一色新町 石場町 一柳通 岩塚町(本地) 牛立町 打出 打出町 打出本町 打中 馬手町 運河町 運河通 榎津西町 榎松町 江松 江松西町 笈瀬町 応仁町 大塩町 大畑町 大山町 押元町 尾頭橋 小本町 開平町 掛入町 烏森町 かの里 上高畑 上流町 上脇町 川前町 北江町 清川町 清船町 吉良町 草平町 供米田 小碓通 九重町 小城町 小塚町 五女子 五女子町 小本 小本本町 五月通 五月南通 山王 四女子町 篠原橋通 島井町 下之一色町 正徳町 松年町 昭明町 昭和橋通 神郷町 十番町 十一番町 助光 澄池町 宗円町 外新町 大地 大当郎 大蟷螂町 太平通 高杉町 高畑 玉川町 玉船町 丹後町 中京南通 中郷 月島町 辻畑町 蔦元町 土野町 露橋 露橋町 戸田 戸田西 戸田明正 戸田ゆたか 富川町 富田町江松 富田町包里 富田町供米田 富田町千音寺 富田町戸田 富田町服部 富田町春田 富田町伏屋 富田町前田 富田町松下 富田町万場 富田町榎津 富永 富船町 中島新町 長須賀 中須町 中野新町 中野本町 中花町 長良町 新家 西中島 西日置 西日置町 西伏屋 二女子町 野田 乗越町 葉池町 畑田町 幡野町 八剱町 八田町 八田本町 服部 花池町 花塚町 春田 東起町 東かの里町 東中島町 東春田 七反田町 平戸町 広川町 広住町 広田町 福川町 福島 福住町 福船町 伏屋 舟戸町 豊成町 法蔵町 細米町 法華 法華西町 本前田町 前田西町 前並町 松重町 松ノ木町 松葉町 的場町 丸米町 万町 万場 水里 三ツ池町 三ツ屋町 南八熊町 南脇町 宮脇町 明徳町 元中野町 百船町 八神町 八熊 八熊通 八家町 柳川町 柳島町 柳田町 柳堀町 柳瀬町 柳森町 八幡本通 横井 横堀町 横前町 吉津 好本町 若山町

プロの襖の張替えは綺麗に張替えをしている

プロの襖店の襖の張替えは、とてもきれいに襖を張替えしているのが特徴です。これは、私が襖店にて襖の張替えを依頼した際のお話なのですが、腕が良い襖店においては襖を張替える際に襖紙がどの程度縮むかを把握してから張替えを行います。逆に、DIYなんかで自分で張り替えると大抵が襖紙の縮みを計算できず襖にシワや変に角が立つような張りになりますが、プロの方はそのようなことはならず、とてもきれいに仕上がっています。特に取っ手部分の穴の張替え部分にしわが入ることが多いのですが綺麗に晴れてましたのでプロの方はすごいなと感じます。襖での困りごとはやはり年々使用していると滑りが悪くなることが多いです。一応これについては簡単に滑り良くすることが出来るグッズがありますが、気休めで結局のところは戸車を交換するしかないのです。この戸車が結構曲者でして中には、経年劣化からか変形して取れない戸車と言う物もあり取れなくなったものは襖店にお任せして外してもらい交換してもらうしかないのですが、戸車自体が襖の材木に熱などで引っ付いていることもあり、そうした場合、プロの襖を扱う方々でも戸車の交換に時間が掛かるので、襖での困りごとにおいては戸車の交換が一番困りごとになります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ