畳の張替えページ

名古屋市名東区の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

自然環境が良く新しい街である名古屋市名東区

名古屋市東部で再開発が進むエリアを持つのが名古屋市名東区であり、ここは住宅地が多くマンションが次々と建てられベッドタウンとして人口が増え続けるというホットな場所です。名古屋市名東区は、全体的に街が新しいという特徴があることで、道路が整備されていること、またお洒落なカフェやレストラン、華やかで雰囲気の良さが人気でもあります。 そんな名古屋市名東区ですが、尾張丘陵の南西部で自然が残っており、湿地帯もあり自然の動物であるたぬきやイタチを見かけることもあります。自然環境が良好ですが、住宅が建て込み人口の増加に伴い商業施設も増えてきています。イオンやアオキスーパー、アミカ、バックスバリューや大手電気店などが次々と入ってきています。また愛知東邦大学を構えていることから大学生を見かけることも少なくありません。子育て環境が良く自然公園が多いのも名古屋市名東区の魅力の1つです。 名古屋市名東区は桜の名所となるところが多く、香流川緑道の桜並木は両岸に見事に咲きますし、牧野ヶ池緑地の桜も綺麗です。歴史的な建造物としては、明徳寺や東勝寺、また連教寺などであり、日吉神社や猪子石神明社など、見ごたえのある寺院は多いです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

名古屋市名東区ってどんなところ?

名古屋市名東区は名古屋市の東部、なだらかな丘陵地帯が広がるエリアにあります。 名古屋市名東区名古屋市16区の中で最も面積が小さい行政区です。元々は灌漑用の溜池が点在する農村エリアでしたが昭和30年代頃から開発が進められ現在では市域全体に住宅地や商業地が広がります。行動経済成長時代に計画されたまちづくりにより緑地や都市型公園が多く、名古屋中心部にほど近いエリアながら昔懐かしいのどかな風景が広がるエリアも見られます。 名古屋市名東区の南西部は多くの企業が本社を置く商業エリアとして発展し愛知経済の中心地の一角を担っています。市域全体で開発が進む名古屋市名東区は交通網が充実しています。鉄道路線は市営地下鉄東山線とリニアモーターカー「リニモ」、道路網は東名高速道路と名古屋第二環状自動車道を抱える交通の要衝でもあります。名古屋市中心部にも郊外に出るのにも交通の便がよいことから多くの集合住宅が建設され若い世代を中心に人々が集まります。 名古屋市名東区は生活に便利なショッピングセンターや子育てに嬉しい緑地などがあることから子育て世代の若いファミリー層の移住が多く、子育て支援策も手厚い施策が実施されています。家賃相場も名古屋市内としては手頃な水準なことから名古屋市内に勤務する人たちに人気のエリアです。

畳の張替えで和室をリフレッシュ

畳は日本独自のものです。その歴史は長く、現在の畳に似た構造になったのは平安時代。そして、鎌倉時代、室町時代には今のように部屋に畳を敷くようなスタイルが完成したと言われています。現在は価格の面などから中国産が70%程度を占めています。畳を張替えようと思い立つきっかけとなるのは、畳が傷んでしまったり、色あせ、畳のささくれなどが大きな要因のようです。素材や部屋の状態にもよりますが、大体5年から10年が張替えの目安となっているのです。畳の張替えには大きく3つの方法があげられます。1つは、すべてを新しく新調することです。畳を新しくするのはお値段も高くなりますので、本当に必要かどうか、業者さんに見ていただき、判断することが必要です。もう一つは表替えです。これは畳表だけの張替えになります。最後は裏返しです。畳は裏表、両面を使うことができます。裏返しは、今まで使っていた畳を裏返して、裏側へ畳表をつけたし、畳縁の張替えを行う作業です。価格的にはこの方法が一番安く仕上げることができます。どの手法をとるかは、畳の状態や予算によって変わってきます。また、井草を国産にするのか、中国産にするのかという選択もあります。畳を新しくするだけで、井草のいい香りが部屋に広がり、和室がリフレッシュされるのです。

名古屋市名東区のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

相生町 葵 赤塚町 飯田町 泉 大曽根 大松町 上竪杉町 車道町 黒門町 古出来 三の丸 橦木町 白壁 新出来 砂田橋 代官町 大幸 大幸南 主税町 筒井 筒井町 出来町 徳川 徳川町 豊前町 西新町 東大曽根町 東片端町 東桜 東新町 東外堀町 久屋町 百人町 武平町 前浪町 明倫町 矢田 矢田東 矢田南 山口町 芳野

畳の張替えをするのに最適な時期の目安とは?

畳の張替えは、和室がある日本では特に重要です。 というのも、畳は他の家具や日用品と同じく、時間や使用期間で劣化していき、 最終的には見た目も感触も非常に悪くなってしまうのです。 そこで畳を張替えることで質を戻すことになるのですが、 畳の張替えを行うのに最適な期間はどれくらいなのでしょうか? まず畳の張替えには3種類の方法があります。 「裏返し」という方法は最も簡単で、 軽い擦り傷や日焼けなどの多少の劣化具合であれば、この手法で解決が出来ます。 表のゴザを裏返して再度縫うという畳の張替え方法で、 大体2~3年程で見た目であればこの手法を使うことが多い傾向にあります。 「表替え」という手法は、表のゴザを交換するという方法です。 既に一度裏返しを行なった場合や、ゴザの傷みが酷い場合はこの手法を取ることになります。 大体裏返しの倍程がこの手法の目安となりますので、5~6年ほどがこの手法で対応した方が最適とも言えます。 そして最後が「畳替え」というもので、畳自体を全て交換して新品にするというものです。 この手法は他よりも高額になってしまうこともありますが、 畳を張替えて新品となりますので、凹みや隙間、傷が深い場合などはこちらで対処することになります。 基本的に10年以上使っている年季が入った畳の場合、こちらの張替えの手法が使われます。 このように、畳の張替えの方法によって最適な時期の目安は異なってきます。 畳の状態などにも左右されますが、上記の期間を参考にして畳の張替え業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ