ふすまの張替えページ

春日井市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

春日井市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

愛知町・ 旭町・ 稲口町・ 押沢台・ 王子町・ 乙輪町・ 下屋敷町・ 下原町・ 下市場町・ 下条町・ 下津町・ 花長町・ 廻間町・ 外之原町・ 角崎町・ 割塚町・ 関田町・ 岩成台・ 岩野町・ 気噴町・ 貴船町・ 宮町・ 牛山町・ 玉野台・ 玉野町・ 金ケ口町・ 熊野町・ 穴橋町・ 月見町・ 御幸町・ 高座台・ 高座町・ 高山町・ 高森台・ 高蔵寺町・ 黒鉾町・ 細木町・ 細野町・ 坂下町・ 桜佐町・ 四ツ家町・ 篠田町・ 篠木町・ 若草通・ 宗法町・ 十三塚町・ 出川町・ 春見町・ 春日井上ノ町・ 春日井町・ 勝川新町・ 勝川町・ 小木田町・ 小野町・ 庄名町・ 松河戸町・ 松新町・ 松本町・ 上ノ町・ 上条町・ 上田楽町・ 上野町・ 新開町・ 森山田町・ 神屋町・ 神明町・ 神領町・ 瑞穂通・ 菅大臣町・ 西屋町・ 西高山町・ 西山町・ 西島町・ 西尾町・ 西本町・ 石尾台・ 浅山町・ 前並町・ 惣中町・ 大手町・ 大手田酉町・ 大泉寺町・ 大留町・ 大和通・ 鷹来町・ 知多町・ 中央台・ 中央通・ 中新町・ 中切町・ 中町・ 中野町・ 朝宮町・ 町屋町・ 町田町・ 長塚町・ 鳥居松町・ 追進町・ 天神町・ 田楽町・ 東山町・ 東神明町・ 東野新町・ 東野町・ 桃山町・ 藤山台・ 内津町・ 南下原町・ 南花長町・ 二子町・ 如意申町・ 梅ケ坪町・ 柏井町・ 柏原町・ 白山町・ 八光町・ 八事町・ 八田町・ 八幡町・ 美濃町・ 不二ガ丘・ 不二町・ 北城町・ 堀ノ内町・ 味美上ノ町・ 味美西本町・ 味美町・ 味美白山町・ 妙慶町・ 明知町・ 木附町・ 弥生町・ 林島町・ 六軒屋町・ 杁ケ島町

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

自然と調和する街の愛知県春日井市(春日井市)は書道に力を入れる

温暖な気候の愛知県春日井市(春日井市)には、庄内川に沿った街として有名です。川を中心に、独自の文化、歴史を発展させてきました。その歴史は非常に古く、石器時代にまで至ります。この時代に造られた二子山古墳、高御堂古墳など、市内では、数々の古墳の姿を見ることができます。

また、大和王権が栄えた場所でもあり、日本武尊にちなんだ伝説は古くから市民に語り継がれ、親しまれています。地名には神屋、内津、明知など、日本武尊にゆかりがある地名を名づけた場所も数多く存在します。

江戸時代には、日本国内に名を轟かせた尾張藩と犬山藩が権力を握り土地の開発にも力を入れていました。近世には治水事業に力を入れており、春日井市(春日井市)には新田開発で作られた用水の名残りが所々に点在しています。

人口が31万人以上にもなり、市域の面積は92キロ平方メートルにもなる愛知県春日井市(春日井市)は、住宅都市を発展させるため、良好な住居環境を整えるための街づくりを行い、日本の中部でも目に見えた中堅都市になりました。

また、緑が街のいたるところで感じられるよう春日井市では、緑化運動を行っており、市の木として、無限の可能性を象徴するケヤキを推進。森林浴も兼ねた街と自然が調和する都市づくりを取り入れています。

名古屋駅まではJR中央本線の勝川駅より17分、JR千種駅から乗り換え5分を含む、栄までは18分でアクセスが可能。

愛知県春日井市(春日井市)は書道に力を入れています。子供から書道に親しめるよう定期的にイベントや大会なども開催。道風くんというゆるキャラも誕生し、イベント会場で会うことができます。

愛知県春日井市は、子育て支援に力をいれています

愛知県春日井市(かすがいし)の観光マスコットは道風(とうふう)くんと言います。平成20年の春日井市で行われた春日井まつりで、「書のまち春日井」のマスコットとして、市民で選んだキャラクターです。全国の人が書を好きになってくれることを夢に掲げて日々活動中です。春日井市の良さをPRする市役所のホームページでは「暮らしやすいを日常に」を主軸のテーマとしており、都心へのアクセスの良さをアピールしています。自動車でも、飛行機でも、電車でも都心へのアクセスが便利なのは通勤でも旅行でも助かる場面が多そうです。また春日井市では「子はかすがい、子育ては春日井」として子育て支援が手厚い土地でもあり、独自の子育て情報発信サイトを開設しました。その名も「春日井ハッピーマムズ」春日井市だけでなくNPO団体や子育て支援団体を一体化することで情報が分かりやすい仕組みになっています。他にも子育て中のママのためにママインターンや、子育て支援コミュニティカフェを催すなど子育てママが相談しやすい場所作りをしています。保育施設の拡大の他にも待機児童ゼロに取り組み、医療費は中学生になるまで助成制度があります。学校にはエアコン完備、校庭を安心な芝生にする取り組みなど大人にも子供にも住みやすい街作りに取り組んでいます。

襖の張替えは専門業者にお願いすると確かですね、  


近年では若者たちの生活スタイルも洋式になり、特に都会ではコンクリートのマンション暮らしが一般的になっていて、和式の畳や襖、障子などの旧来の日本風の生活スタイルがすくなる傾向があるようです。

ところで、我家では幸いと言うか首都圏内で和風の注文住宅を建てて住んでいますが、住まいも15年以上も経ってくると和室周辺は相当に綻びが出てまいります。 特に畳はともかくとして和室の襖や障子と言うのは日焼けして黒ずんで変色し、又、特に子供がいる家庭では襖は汚れや傷み、キズが付いてきて交換や張替えが必要になっています。

ただ、襖の張替えといっても昔の器用な年配の方なら御自分で行ったものですが、最近の若年層の人たちは襖の張替えも専門の業者が行うのが一般的になってきたようです。 ところが其の職人さんも少なくなっているようですが、確か、職人さんの事を経師屋(きょうじや)、又は表具屋さんといっていますね。 何れも物や紙類の張る、貼ることを専門商売にする職人さんのことです。

其の経師屋さんの職人も昔は御近所にいたもんですが、近年では余り見かけなくなりましたね。 其れでも、建築職人さんの中には表具屋さんというのは必要な職人で常に居りますので、若し、不明な点があったらネットなどを活用して調べると専門業者の案内サイトがあります。 そちらでお願いすると親切に紹介してくれるし、確かな職人さんが作業にあたってくれるはずです。

金額的には襖の大きさや形から文化財などの貴重な種類など色々と条件などもありますが、普通の家の標準的な形ですと2000円前後程度から引き受けてくれるようです。 いずれにしても襖は意外と傷つきやすく汚れやすいし日焼けもしやすいものです。 部屋の模様や明るさを求めるためにも、汚れた襖は出来れば速やかに張替えたいものですね。

襖は昔、どう開け閉めするのが正しかったか?

" 襖は、日本家屋に当然のごとくある物だった。現代では襖自体、余り見かけなくなったり、あっても洋間から和室へつながる部分にあったりする。このため、昔の正しい襖の開け方、閉め方はもはや忘れ去られようとしている。ここではその本来の開け方、閉め方を簡単に紹介し、和の精神について考えてみる。まず襖の前で正座する。取っ手は僅かに開け閉めするための道具である。取っ手に近い方の手で取っ手を持ち、少し開ける。それからその手を下におろし、襖の下の方の縁を押して自分の体の真ん中ぐらいまで開ける。すると今度は逆の手の方が襖を開ける方向に動かすのに便利になるので、逆の手を使って人間が通れるぐらいまで開けるのである。閉める時はこの逆をやる。今では、しっかりした時代劇や教育の行き届いた和風旅館でしか見られなくなった習慣かと思われるが、昔の日本人が作り上げた美意識の結晶として是非頭の隅に入れておきたい。どちらの手をどう使うか、何故そうするのか、実に合理的であり、美しい所作に仕上がっている。茶道のお点前のような一つの完成された美を作り上げていると言えよう。襖は少なくなったが、それとともに和の心をなくすのはとても惜しい。 "

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ