たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

犬山市の施工地域

安師・ 井ノ元・ 一色浦・ 稲干場・ 烏杜・ 羽黒・ 羽黒安戸西・ 羽黒安戸南・ 羽黒稲葉西・ 羽黒稲葉東・ 羽黒栄・ 羽黒恩田島・ 羽黒起・ 羽黒菊川・ 羽黒高橋・ 羽黒桜海道・ 羽黒新外山・ 羽黒新赤坂・ 羽黒新田・ 羽黒摺墨・ 羽黒成海西・ 羽黒成海南・ 羽黒惣境・ 羽黒朝日・ 羽黒堂前・ 羽黒鉾添・ 羽黒余町・ 押出・ 横町・ 屋敷裏・ 下榎島・ 下屋敷・ 下沼・ 下舞台・ 下林・ 外屋敷・ 垣ノ内・ 柿畑・ 角池・ 楽田安師・ 楽田一色浦・ 楽田巾・ 楽田原西・ 楽田原東・ 楽田今村・ 楽田三ツ塚・ 楽田山ノ田・ 楽田勝部前・ 楽田小針・ 楽田上沼・ 楽田西浦・ 楽田西野・ 楽田青塚・ 楽田打越・ 楽田大円・ 楽田大橋・ 楽田地蔵池・ 楽田長塚西・ 楽田長塚東・ 楽田鶴池・ 楽田天神・ 楽田東追分・ 楽田内久保・ 鎌柄畷・ 観音浦・ 丸山天白町・ 岩穴・ 岩田・ 喜六屋敷・ 宮浦・ 宮山・ 宮西・ 宮東・ 宮裏・ 牛岩・ 橋爪・ 橋爪東・ 郷西・ 郷中・ 郷東・ 巾廻り・ 巾前・ 金山・ 九左エ門廻り・ 栗栖・ 栗林・ 継鹿尾・ 犬山・ 元散前・ 古山・ 古新田・ 五反田・ 五郎丸・ 五郎丸東・ 御殿屋敷・ 向エ・ 向山・ 向田・ 荒井・ 荒田・ 高根・ 高根洞・ 高坪・ 高洞・ 今井・ 今井(大字)・ 今村・ 佐ケ瀬・ 鷺山・ 三ツ塚・ 山ノ田腰・ 山ノ鼻・ 山崎西・ 山神・ 四季の丘・ 寺西・ 寺洞・ 七ツ屋・ 篠平・ 若宮・ 舟田・ 十三塚・ 勝部前・ 小洞・ 小路・ 松本町・ 焼野・ 上ノ田・ 上榎島・ 上坂町・ 上小針・ 上沼・ 上西浦・ 上舞台・ 上野・ 上野新町・ 城山・ 常福寺浦・ 常福寺洞・ 新川・ 神田・ 西浦・ 西桑原・ 西山・ 西大円・ 西唐曽・ 西洞・ 西片草・ 西北野・ 西野・ 青塚・ 青塚新町・ 石塚・ 石畑・ 前原・ 前原(大字)・ 前原西・ 前原南・ 前原味鹿・ 前田面・ 前並・ 善師野・ 善師野(大字)・ 善師野台・ 倉曽洞・ 惣作・ 早稲田・ 太吉屋敷・ 打越・ 大上戸・ 大洞・ 大門・ 滝ケ洞・ 地蔵池西・ 池田・ 池野安楽寺・ 中山町・ 中小針・ 中切・ 中唐曽・ 中道・ 仲屋敷・ 仲畑・ 長者町・ 鳥屋越・ 追分・ 追分東・ 鶴池・ 堤下・ 的場・ 笛田・ 天王前・ 天神・ 天神町・ 天神東・ 田口・ 土取・ 塔野地・ 塔野地杉・ 塔野地西・ 塔野地北・ 東桑原・ 東大円・ 東唐曽・ 東片草・ 東北野・ 桃山台・ 堂屋敷・ 洞奥・ 洞田・ 内屋敷・ 内久保・ 内山・ 内田東町・ 南高根・ 南大橋・ 二タ田・ 二タ俣・ 二ノ谷・ 二本木・ 破岩・ 梅坪・ 白山洞・ 八曽・ 八反田・ 番前・ 樋ノ口・ 樋池・ 百廻り・ 富岡・ 富岡新町・ 富岡東・ 富岡南・ 富士山・ 斧研・ 平塚・ 芳ケ洞・ 北浦・ 北高根・ 北大橋・ 北大門・ 北洞・ 北之門・ 北平・ 北平塚・ 本町・ 味加田・ 木津・ 野中・ 野田・ 薬師浦・ 薬師前・ 与三ケ洞・ 落添・ 裏山・ 裏之門・ 林吾塚・ 蓮池・ 杁下・ 藪ケ洞・ 藪畔

犬山市の駅

犬山駅(いぬやまえき) 名鉄広見線 名鉄小牧線 名鉄犬山線
犬山口駅(いぬやまぐちえき) 名鉄犬山線
善師野駅(ぜんじのえき) 名鉄広見線
犬山遊園駅(いぬやまゆうえんえき) 名鉄犬山線
楽田駅(がくでんえき) 名鉄小牧線
羽黒駅(はぐろえき) 名鉄小牧線
富岡前駅(とみおかまええき) 名鉄広見線

障子の張替え、全国対応です。

障子を張替えたいけれど、張替えを自分でやった事が無いのでどうしていいか解らない・・という方は多いのではないでしょうか。障子紙などの材料を売っているお店が近くに無いし、あったとしても作業する暇が無いし、という方も中にはいらっしゃるでしょう。
障子の張替えの際は、一度障子を外さないとやりにくいのですが、そうするとかなりの場所をとってしまいます。それに障子紙を剥がすと、ぼろぼろと細かい紙ゴミが落ちてしまい、掃除が大変です。刃物も使うし、糊でベトベトになるし、楽なものではありません。
以上のような理由から、ところどころ破れたり日焼けして変色した障子を、長年そのままにしている方も多いのではないでしょうか。でも実は、障子の張替えは、業者に依頼する事が出来るのです。そうはいっても家は田舎だし・・と、あきらめないで下さい。
全国対応をしてくれる張替え業者も存在するのです。ネットで申し込み可能なの張替え業者もあるので、夜中に依頼する事も出来ます。 ずっと気になっていた障子の張替えを業者に任せて、すっきりしませんか。清潔感のある真新しい障子で、お部屋が生まれ変わるはずです。きっと見た目だけではなく、住む方の気分まで明るくしてくれるのではないでしょうか。

犬山市とその特徴について

犬山市は愛知県の北西部にある市で、人口7万人の市です。愛知県犬山市は、犬山城を中心として城下町が形成されており、現在でも古くからの街並みが残る市になっています。犬山市では、市の北部に木曽川が流れており、その影響もあり豊かな土壌となっています。犬山市は、犬山城以外にも多くの観光施設を有しており、観光を目的として県内やその周辺などから多くの人が訪れる市となっています。犬山市は、名古屋市からのアクセスも便利となっており、電車で30分程度でアクセスできる場所です。その為、名古屋市のベッドタウンとしても発展している都市になっています。犬山市では、名古屋市へのアクセスが良いことにより、多くの人が日中は名古屋市方面へ働きに出ることが多い街になっています。市内では、鉄道の駅やバスも比較的多く走っており、市内における公共の交通機関での移動にも便利になっています。また、県道や国道の整備もされているため、自動車での移動も便利です。犬山市では、犬山駅を中心に商業施設などが多くあります。また、市内には多くの学校や公共施設も整備されているため、観光以外に住む町としても便利な市になっています。犬山市は観光とベッドタウンの2つの側面を持った市になっています。
また、ゲーム博物館の2階にはジュークボックスコーナーもあります。1950年から1980年に作られたジュークボックスを約50台展示しています。昔懐かしいものが好きな人は、絶対に気に入る観光名所です。興味がある方は、犬山市に遊びにいらしたらどうでしょうか。

犬山城や明治村のある犬山市

愛知県にある犬山市は人口7万4,000人ほどの市です。幕末のころ、この一帯には犬山藩が置かれたこともあります。1954年、犬山町が近隣4村と合併して、犬山市が誕生しました。犬山市は県の北西部に位置し、岐阜県と境を接しています。名古屋市の北方にあり、名古屋鉄道(名鉄)犬山線の犬山駅から名鉄名古屋駅までは、急行列車の利用で30分ほどです。 犬山市民に長く親しまれてきたこの地の名所の1つに、犬山城があります。15世紀中ごろの築城と考えられており、戦国時代には織田信長に攻められたこともあるなど、長い歴史を持つ城です。明治時代初期の廃藩置県および廃城令により、その多くの部分が取り壊されましたが、天守は残されました。現在この城は国宝に指定されており、日本の100名城の1つにも選ばれています。犬山駅から徒歩15分ほどの場所にあります。 また、犬山市内の別の名所としては、「博物館明治村」があります。単に「明治村」とも呼ばれます。ここでは、移築された明治時代の建物や、明治時代の歴史的資料を見ることができます。また、明治時代の街並みを利用して、映画やテレビドラマなどの撮影ロケ地としてもしばしば使用されています。ここは犬山駅からバスで20分ほどの場所にあります。

襖の奥深さと張替えのおすすめ

襖の奥深さをもとに、張替えによるバリエーションの楽しみ方をご紹介します。 部屋の仕切りや押し入れに使われ、防寒・調室の機能があり、 装飾などによってインテリア空間を彩ってきた日本伝統の独特な建具ですし、張替えを繰り返すことで、伝統をよりよく受け継いでいきたいものです。
この中で、まず、張替に必要な襖紙のバリエーションとその特色をご紹介します。 種類としては、 ・新鳥の子(しんとりのこ) ・鳥の子(とりのこ) ・本鳥の子(ほんとりのこ) ・天然素材襖紙 ・普及品織物 ・中級織物 ・上級織物 ・ビニール襖紙 など張替えにあたっては、様々なバリエーションがあります。
張替えにあたって、特徴をご説明すると、 「新鳥の子」は、襖紙のなかでも、もっともリーズナブルなものです。製紙から模様付けまで機械で大量生産されているものですので、量産性や張替え施工性の良さが特徴的であるため、公団住宅や賃貸住宅などの張替えによく使われています。
鳥の子と本鳥の子は、ハンドメイドか機械で生産するものかの違いです。 鳥の子が機械生産であり、仕上がりの均一さが特徴ですので、商業空間によく使われています。 一方、本鳥の子は、伝統的なハンドメイドの和紙で、襖の代名詞といえます。
天然素材襖紙は、シルケット、葛布等を原料とした襖紙 普及品織物は、低価格かつ種類豊富な普及品 中級織物は、一般的によく使われている手加工柄で、上品な柄が多い 上級織物は、最高品質で一枚ずつ丁寧に作られたこだわり品 ビニール襖紙は、合成樹脂で、耐水性や汚れにくく水回りの張替えに使われます。

愛知県犬山市に関する情報

愛知県犬山市は、愛知県北西に位置する市であり、尾張の小京都と呼ばれることもある市である。人口は愛知県内では38番目となる75,000人程度である。犬山市には、国宝犬山城がある。犬山城は、ヨーロッパでは珍しくないが、2004年に財団法人化されるまで、個人の所有物であり、個人の城主がいたことでも有名な城である。また、犬山市には桃太郎伝説に基づく、桃太郎神社がある。桃太郎神社には、全国でも珍しい桃型の鳥居や、桃太郎が生まされたとされる桃の写真や、犬が噛み切ったとされる鬼の珍宝や、鬼の金棒や、鬼の骨の写真がある。なお、桃や鬼の骨が写真となっているのは、宝物館に対する放火によって焼失してしまったからである。桃太郎伝説と言うと、一般的にいうと岡山県岡山市が有名であるが、犬山市にも桃太郎に関係すると思われる地名が多数存在する。例えば、犬がいたとされる場所が犬山であり、猿がいたとされる場所が猿洞であり、雉がいたとされる場所が雉ヶ棚である。更に、犬山市には国指定重要無形民俗文化財となっている犬山祭りが毎年4月の第1週の土日に行われます。この祭りは、愛知県の有形民俗文化財に指定されている山車13台が出し物となっています。

畳の張替えで身も心も健やかに

畳はイ草を編み込んだ日本固有の敷物で、稲作が始まった弥生時代には藁を重ねただけのものでしたが、平安時代に入り、現代の畳の姿に近づいたと言われています。湿度の高い日本の気温には定期的に畳の張替えを行うことで対応しました。また、畳の張替えには季節の風物詩としての側面もあります。
畳敷きに卓袱台を置き、座布団に座って食事をとり、就寝時には全て片付けて、布団を敷いて寝る、というのが日本人の生活様式でありました。ところが戦後に欧米のライフスタイルが浸透し、テーブル、椅子、フローリングへと変わっていきました。しかしフローリングには水に弱いという欠点があります。
水分を含むと床が反ったり、歪んだり、軋みの恐れがあり、たとえ張替えたとしても風合いが合わなくなります。そこで近年では畳の良さが見直されています。イ草には室内の空気の浄化の他に、吸放湿作用、抗菌作用、脱臭作用があります。畳にはクッション性があるので遮音性と安全性も高いのです。
張替えを面倒に思われる方もいらっしゃるのですが、張替えのメリットとして、部屋のトーンが明るくなって印象が変わります。イ草の香りが増してリラックス効果も上がります。クッション性も高くなるので、乳幼児のいらっしゃるご家庭には安心です。防湿・防カビの点でも張替えは本当に必要なのです。
張替えの際に自分で行うと無理にドライバーで持ち上げる等をして、畳の縁を傷つけてしまうことが多いです。敷き込みの微調整は素人では難しく、後で素足で踏むとデコボコします。やはり無理をせずに業者に頼んだ方が良いでしょう。仕上がりも美しく、後のメンテナンスの方法も詳しく教えてくれます。

犬山市の隠れた観光名所について

犬山市は、愛知県の名古屋市から少し離れたところにある市です。犬山モンキーパークやリトルワールド、犬山城などいろいろな観光名所がありますが、熱心なゲーマーの間で最近話題になっているスポットがあります。それは、ゲーム博物館という観光名所です。
犬山市にあるゲーム博物館というのは、その名のとおり、昔懐かしいゲームの博物館です。昭和時代のレトロなビデオゲーム、エレメカ機、ピンボールコレクション、喫茶店のインベーダーゲームなどのテーブルゲーム機が多数取り揃えられています。 
懐かしいゲーム機の数々にノスタルジックな気持ちになってしまうこと間違いないです。しかも、こちらの犬山市の博物館のすごいところは、ただゲーム機を見るだけでなく、実際にゲーム機で遊ぶことができることです。
犬山市のゲーム博物館の入場料は、1時間1000円、3時間2000円、1日フリーは3000円とリーズナブルな価格です。これで館内のゲームが遊び放題です。犬山市からはもとより、犬山市以外の県外からのお客さんも多く来ています。
また、ゲーム博物館の2階にはジュークボックスコーナーもあります。1950年から1980年に作られたジュークボックスを約50台展示しています。昔懐かしいものが好きな人は、絶対に気に入る観光名所です。興味がある方は、犬山市に遊びにいらしたらどうでしょうか。