たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

小牧市の施工地域

安田町・ 応時・ 横内・ 下小針中島・ 下小針天神・ 下末・ 河内屋新田・ 外堀・ 掛割町・ 間々・ 間々原新田・ 間々本町・ 岩崎・ 岩崎(大字)・ 岩崎原・ 岩崎原新田・ 久保一色・ 久保一色東・ 久保一色南・ 久保新町・ 久保本町・ 郷西町・ 郷中・ 元町・ 古雅・ 光ケ丘・ 高根・ 桜井・ 桜井本町・ 三ツ渕・ 三ツ渕原新田・ 山北町・ 市之久田・ 寺西・ 篠岡・ 若草町・ 舟津・ 春日寺・ 曙町・ 小松寺・ 小針・ 小牧・ 小牧(大字)・ 小牧原・ 小牧原新田・ 小木・ 小木(大字)・ 小木西・ 小木東・ 小木南・ 上末・ 城山・ 常普請・ 新小木・ 新町・ 西島町・ 西之島・ 川西・ 村中・ 村中新町・ 多気西町・ 多気中町・ 多気東町・ 多気南町・ 多気北町・ 大山(篠岡大山)・ 大山(小牧大山)・ 大草・ 大草一色・ 大草七重・ 大草深洞上・ 大草西・ 大草中・ 大草東・ 大草藤助・ 大草南・ 大草北・ 池之内・ 池之内赤堀・ 池之内道木・ 中央・ 長治町・ 田県町・ 東・ 東新町・ 東田中・ 桃ケ丘・ 藤島・ 藤島町居屋敷・ 藤島町鏡池・ 藤島町五才田・ 藤島町向江・ 藤島町出口・ 藤島町中島・ 藤島町徳願寺・ 藤島町梵天・ 南外山・ 二重堀・ 入鹿出新田・ 文津・ 北外山・ 北外山入鹿新田・ 堀の内・ 本庄・ 野口・ 野口違井那・ 野口柿花・ 野口高畑・ 野口惣門・ 野口中田・ 野口定道・ 野口島ノ田・ 野口友ケ根・ 弥生町・ 緑町・ 林・ 林新外・ 林西・ 林中・ 林南・ 林北・ 林野原

障子の張替え

家の窓の障子。 毎年大掃除の時期になるとその障子の張替えをしたいと思っていたが、重い腰が上がらず、障子紙・糊などそろえるのも面倒で、ついつい「目立つような穴も空いていないし大丈夫だろう」と張替えず、放置すること数年。 しかし、障子の色が黄ばんできたし、染みも目立つようになり、貧乏くさく見えるので、ついに今年、その重い腰を上げて張替えることにしてみた。 ホームセンターで道具をそろえ、しぶる家族に喝をいれ、なんとか張替え作業スタート。 障子戸をレールから外そうとしたところ、なかなか外せない。どの位置でも外れない。 埃のせいなのか何なのか滑りも悪く、男手の力で無理やり枠を持ち上げ、何とか外したものの、なんと障子レールに傷が付いてしまった。 まず、古い紙をはがすのだが、はがしてみると、障子の桟には古い糊がこびりつきヌルヌルで、拭いても拭いても取れず、諦めてその上から張替えることに。 紙もなかなかピンと張れず、綺麗に切り取れず、四苦八苦しながらかなり時間がかかり、なんとか張替え作業を完了させた。 外した時と同様、レールに傷つけながらも元の位置に障子をはめる。 満足感に満たされた瞬間、悲劇が訪れた。 張替えたばかりの紙が、剥がれてきたのだ。 古い糊を除去しきれなかったのが原因のようで、もう一度最初からやり直すはめに。 時間、手間、料金など考慮しても次回からは業者に依頼しようと思う。

小牧市に関する情報について

愛知県小牧市は、愛知県の北西の位置し、愛知県18番目の人口147,000人程度がいる市である。小牧市は外国人が相対的に多く、愛知県で4番目に外国人比率が高い市でもある。小牧市は濃尾平野のほぼ中央に位置し、平坦な地形が広がっているが、東側と北側は丘陵地となっている。その中に、かつて織田信長の居城であった小牧山城があった標高86Mの小牧山がある。小牧山城は現在はなく、山全体が史跡公園となっているのみであるが、桜の名所として有名であり、山頂には歴史資料館がある。小牧山は歴史上、後の豊臣秀吉である羽柴秀吉と、徳川家康が唯一直接対決した際の戦場となった地である。また、小牧市には、県営名古屋空港の一部が含まれている。県営名古屋空港は、中部国際空港ができる前は、国内線も国際線も多く発着していたが、現在では一部の国内線がてゃっ着するのみである。更に、小牧市には約1,800名の隊員がおり、平成21年に開庁50周年を迎えた航空自衛隊の小牧基地がある。小牧市の名産としては、全国的にも珍しい鶏肉専門のハム・ソーセージがある。小牧市は、ブランド鶏である名古屋コーチンの発祥の地である関係で、豚ではなく鶏によるハム等の専門店がある。

深い歴史を持つ小牧市の魅力とは

 小牧市は、愛知県北西部に位置する都市です。 昭和30年代には、農業に特化していた田園都市でしたが、近年は、 高速道路や中央自動車道の結節点として栄え、交通都市として有名です。 また、小牧市に欠かせないのは、「桃花台ニュータウン」の存在です。 積極的な工場や団地の誘致を図り、完成した桃花台ニュータウンは、名古屋市のベットタウンの一つとして、人気を誇っています。 この完成により、人々が増え、さらに発展した都市に成長していきました。 また、自然豊かなことも、魅力の一つです。 たくさんの遊具があり、動物とも触れ合うことのできる「小牧市総合公園」が有名で、休日はたくさんの人々で賑わっています。 そして、欠かせないのが、春夏秋冬、様々な色をつけ楽しませてくれる、小牧市のシンボル「小牧山」の存在です。 小牧山は、戦国時代、天下統一を目指す織田信長が、ここに築城したといわれている、歴史ある山です。 また豊臣秀吉が、小牧山をめぐる攻防戦を繰り広げた「小牧・長久手の合戦」も有名で、その名の通り、小牧の名を歴史に遺しています。 春には美しい桜を色づけ、毎年恒例の「小牧山さくらまつり」が開催され、多くの人々で賑わいます。 深い歴史を持ち、豊かな自然と、たくさんの人々で賑わう小牧市は魅力がいっぱいです。今後、更に発展し栄えていく都市となっていくと思われます。

畳を張替える際には構造を理解しておきます

畳は実の所複数の部分から成り立っています。そのため例えば張替えなどの際にはそうした畳の構造を予め把握しておくことが役に立つのです。張替え業者に依頼する場合にもこうした畳の構造を理解しておくと役に立ちます。
畳を構成する部分の中でも特に重要となるのが土台となる床という部分です。この部分には、以前は稲わらなどの自然素材が主に使用されていました。現在ではこうした自然素材に加えて合成の材料などが取り入れられています。商品によっては張替えも可能です。
畳の印象を決めるのは、やはり表と呼ばれる部分です。現在では様々な素材が使用されており、選ぶ商品によって雰囲気や歩き心地が異なります。素材のレベルによって価格も大きく変わってくることが多く、畳を張替える際には特にチェックすべき部分となります。
部屋の印象に影響を与えるのが縁と呼ばれる部分です。縁は畳の周囲を覆うようにあしらわれている布の部分を指します。現在では豊富な色やデザインがあり、張替えの際には様々な商品の中から最適なものを選ぶことが出来るのです。
最近の畳の張替えでは、様々なオプションサービスを加えることが出来ます。例えば防虫や抗菌、防カビ効果のあるシートです。このようなシートを張替えの際に床と表の間に加えておくと、アレルギーやダニの発生などを予防することが出来ます。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

襖を張替えて和を楽しもう

日本の襖には独特の質感があり、そのきめ細やかな美しさは世界からも認められるほどである。この長く親しまれてきた伝統的な建具には機能性のみならず多くの効果があるとされ、これだけ洋風建築化が進んだ現代においても多くの人が導入している。
 襖のメンテナンスは張替えが主であり、おおよその目安は4~5年に1度とされている。現在は通販などで簡単に襖の張替えセットなどを手に入れることができるが、自分で作業をするとなると膨大な時間と労力が必要になる。
 プロの襖張替え業者に依頼すれば時間や労力の節約になるだけでなく、驚くほど美しい仕上がりになる。しかも、そのきれいな状態が長持ちするように工夫されているで、長い期間襖が本来持つ魅力を楽しむことができるのである。
 現在はさまざまな企業が襖の張替えを手掛けているので、どこに依頼するか迷ったときにはまず見積もりを依頼し相談するのがいいだろう。張替え業者により料金はもちろん、かかる費用や納期、搬入できる曜日などに違いがあるので、疑問点は最初の段階でクリアにしておくことが大切だ。
 また、近年は襖の張替えも進化を遂げているので、従来までの一般的なもの以外にもアレルギーに対応したものや、糸入りで長持ちするもの、高級感のある手漉和紙などさまざまな種類から張替えの素材を選ぶことができる。必要な機能や予算を伝えれば、業者は希望に沿った張替えを実現してくれるだろう。

愛知県小牧市について

愛知県小牧市は、愛知県北西部に位置し複数の高速道路が交わっていることから陸上交通の要衝となっています。小牧市の人口は、およそ14万7千人ほどだと言われています。小牧市中部と西部は、比較的平坦な地形が広がり、東部と北部は丘陵地となっています。
小牧市の中部から西部にかけては、網の目のように川や用水路が流れています。小牧市は、春日井市や犬山市、江南市、岩倉市、北名古屋市、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町と隣接しています。小牧市の氏名の由来は、合併前の小牧町に由来します。
小牧市は元々米作りなどの農業が盛んな地帯でしたが、高速道路や道路網が整備されたことで、名古屋市の北側にある立地条件などから交通の要所として発展したと言われています。交通機関として空路は、県営名古屋空港が利用されています。
小牧市の鉄道路線には、名古屋鉄道の小牧線が運行しています。バス網には、コミュニティーバスこまき巡回バスが運行している他、あおい交通の桃花バス、ピーチバス、とよやまタウンバス、名鉄バスなどが運行しています。
名所や旧跡には、間々観音があります。これは日本唯一のお乳のお寺として有名です。小牧山は小牧市中央部に位置する山で、かつて織田信長が築城させた小牧山城と呼ばれる城がありました。現在は桜の名所としても有名です。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

小牧市の観光名所と文化・娯楽施設

愛知県にある小牧市は名古屋市の北側に位置し、濃尾平野の中央に位置します。そして複数の高速道路が交わる交通の要所です。そのため企業誘致を行い、愛知ヨークやあおい交通などのたくさんの企業が本社を置いています。また小牧市は観光名所が多々あり、有名な場所は子宝と安産の神様が祀られている田懸神社や日本で唯一のお乳のお寺である間々観音、織田信長が築城させたという小牧山城がある小牧山です。小牧・長久手の戦いの舞台になった場所で、現在は山全体が公園になっていて休日になると家族連れが遊んでいたりします。また桜の名所としても有名なので桜の季節には小牧山さくらまつりを行ったりと賑やかです。さらに日本メナード化粧品が運営するメナード美術館という文化施設があったり、蛍の野外観察施設であるホタルの里や巨大な人工芝の丘を爽快にすべりおりることができる四季の森という施設があったりと小牧市には様々な年代の人が楽しむことのできる場所がたくさんあります。そして小牧市内にはスポーツ関連施設もあり、中でも小牧市スポーツ公園は小牧市が整備しているスポーツ関連の施設が集まった公園で多くの人が利用しており、こちらも色々な年代の人が利用しています。