畳の張替えページ

燕市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の表替えキャンペーン中

燕市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

燕市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

燕市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

燕市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

畳の張替え写真をもっと見たい方はこちら!

畳の魅了、畳の歴史について知ろう

古くから日本人に愛されてきた畳。 それは日本の誇れる文化の一つでもあります。 伝統工芸のほとんどは、中国から伝えられてきたものが多くある中、日本独自で作り上げてきたものです。 畳の魅力はいろんな作用や効果があることです。
(1)浄化作用。 畳表は人体に良くない二酸化窒素ガスを吸収する作用があり、知らず知らずのうちに室内の空気をきれいしに、健康な環境作りに役立っています。 (2)吸湿・放音作用。 梅雨時などの湿気の多い季節は水分を吸収し、逆に室内が乾燥してくると蓄えた適度な水分を放出します。
(3)保温・断熱効果。 冬、室内の温かい気温を外に逃がさず、夏は外の熱い空気の侵入を防ぎます。 (4)鎮静効果。 畳の部屋はイグサが醸し出す香りで、疲れた体を癒し心を静めてくれます。まるで森林浴をしているような効果を与えてくれます。
畳の歴史についてみてみましょう。 畳が作り始められたのは奈良時代がはじめとされています。今日、現存する畳の古いものは、奈良東大寺の北西にある正倉院に聖武天皇が使用された「御床畳」というものがあり、木製の台の上に置かれ寝台として使われたものです。
平安時代になると、貴族の邸宅が寝殿造りの建築様式になると、板敷の間に座具などとしてところどころ置かれるようになります。 その後、安土桃山時代には茶道の発達によって軽快な書院造になっていきます。一般庶民のものになったのは江戸中期以降となります。

燕市の畳張替え・修理・新調施工エリア

新潟県燕市についての紹介

 燕市は越後平野の中央部にある市です。海には面しておらず、弥彦山脈の南端にある国上山があるのみで、ほぼ平坦な地形です。米どころの新潟ですので、もちろん農業も盛んです。燕市全面積における田畑の面積は、約50パーセントです。お米、大豆、枝豆、トマト、きゅうり、なすが多く作られています。飛燕米(ひえんまい)という燕市オリジナルのブランド米は平成21年10月30日に商標登録され、以降人気のお米です。養豚も盛んで、燕市と県内各産地とともに「越後もちぶた」のブランド名で県内外へ出荷しています。  燕市は新潟県有数の工業地帯です。様々な金属製品が作られており、中でも金属洋食器(カトラリー)が多く作られています。洋食器とは、一般的には洋陶器(お皿やコーヒーカップ)のことを指します。また、食卓用のナイフ・スプーン・フォークもを総称してカトラリーと呼んでいます。  洋食器を作る段階でステンレス板から原型を切り抜き、成型した素材を磨き上げて仕上げる事を研磨とよびます。羽布(はぶ)と呼ばれる堅い麻や柔らかい布などでできた、平たく丸い道具を使い磨きます。この作業では機会ではできない職人の技が必要になります。大正4年頃から作業内容は変わっておらず、職人の伝統が受け継がれています。