障子の張替えページ

胎内市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え作業流れ畳の表替えキャンペーン中

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

あみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

胎内市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

胎内市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

胎内市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

胎内市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様リペア済和室ギャラリー

障子の張替え写真をもっと見たい方はこちら!

障子の張替え 匠の技術により、生まれ変わる障子

「障子」は、我々の生活に密着した仕切り間の1つである。古くは、平安時代まで遡ることができ、絵巻にもその様子が描かれている。そして様々な発展を繰り返しながら、現代の「障子」として存在している。日本人の美意識を作り出して、重要な役割を果たしてきたものである。
「障子」といえば、一般には日本住宅に存在する「明障子」を意味する。これらは光りを拡散し、柔らかな空間を作り出す。室内にいるにもかかわらず、外の様子も判別できる障子は、完全に「自然との遮断」ではないのである。
この素晴らしい美意識をもたらしてきた「障子」は、手入れを怠れば十分な機能を果たせない。つまり、定期的に障子紙の張替えを行う必要がある。この障子紙の張替え作業は、何段階もの作業工程があり、紙を張り替えるだけの単純な作業ではない。
新しく紙を交換するだけでなく、骨組みへの手入れも必要となるので、満足いく仕上げにするなら、プロに任せるのが確実である。素人判断では、作業工程を省略する場合もある。その結果、しわが寄ったり糊が残っていたりと、不満足な結果になる場合が多いのである。
プロによる仕事は、張替えだけでなく、隅々まで行き届いた掃除が行なわれている。出来上がった「障子」は、寸分のずれもなく貼られている。部屋の空間が、柔らかい空気で包まれるかのようである。匠の技術は、生活を豊かにしてくれる素晴らしい技である。

胎内市、その自然と概要

胎内市は新潟県北部に位置する市である。胎内市の名前の由来ともなっている胎内川の流域に沿って、東西にひらがなの「へ」の形に県の北部を横切っている。東側は飯豊連峰で山形県に接し、西は日本海に接し、新潟市からは約40kmの距離にある。2005年、北蒲原郡中条町と黒川村の合併により誕生した。地勢的には、平野部の中条地区と山間部の黒川地区、その間に「日本一小規模な山脈」である櫛形山脈がある。それを横切る形で胎内川が流れており、その両側に胎内市の市街地が形成されている。胎内川の上流部である奥胎内は飯豊連峰につづく自然豊かな山林が広がっている。胎内市平野部は典型的な扇状地である。そのため扇央部では胎内川が伏流水となって降雨の少ない夏季には水無川となることもある。扇端部では地下水が湧水となって各所に自噴し「どっこん水」と呼ばれている。この水は胎内市のシンボルのひとつとなっており、ミネラルウォーター「雪の新潟どっこん水」として、県内外に出荷されている。また新潟県の「新・新潟県の名水」にも選ばれている。山間部の黒川地区は観光に力を入れており、8月末の「黒川まつり」など四季を通じて観光産業が盛んである。パラグライダーを楽しむこともできる。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ