障子の張替えページ

新発田市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え作業流れ畳の表替えキャンペーン中

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

あみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

新発田市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

新発田市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

新発田市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

新発田市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様リペア済和室ギャラリー

障子の張替え写真をもっと見たい方はこちら!

障子の障子紙の張替えは、部屋の雰囲気を変えます。

障子」は、日本家屋独特の建具のひとつです。 日本家屋独特のインテリアといえます。 障子は、日本家屋における扉や窓に使用する建具で、木枠に和紙などの紙を貼り付けたものです。 障子の登場は、平安時代までさかのぼるそうです。
現在では、日本建築家屋には欠かせない建具の一つになっています。 障子の貼られる和紙は、直接の日光を遮りますが、その光を拡散することができますので、部屋の採光に効果があります。 また、換気能力や吸湿性にも効力があります。
障子の素材は、木と紙でできていますので、現代においても自然感のあるインテリアとなっています。 そのため、ホテルやマンションなど高層ビルの内装においても使用されるなど、現代的なインテリアとして人気があります。
障子は、木枠と和紙等で作製されているため、表面の和紙を交換することで、リニューアルすることができます。 また、その表面の和紙を交換することで、部屋の雰囲気を大きく変えることができます。 この交換については、新しい年を迎える前の年末などに行われる場合が多いようです。
障子紙の張替えは、1年に一度行うことが理想的です。 また、障子紙の色や柄などを変えることで、部屋の雰囲気を変えることもできます。 障子紙の交換については素人では難しいため、専門の業者に依頼することが理想的です。

新潟県新発田市の概況について

新発田市は新潟県の北部に位置する市で、新潟市ほか県内の3市2町と境を接しています。また東端は山形県及び福島県との県境となっています。市域の面積は533.10平方キロメートル、居住人口は2015年7月31日現在で約10万600人です。新発田市が誕生したのは1947年1月のことです。これは、それまでの北蒲原郡新発田町が市制を施行したことによるものです。その後、同郡内の隣接町村をたびたび編入して市域を拡大し、現在に至っています。新発田市一帯は中世より新発田城の城下町として繁栄していました。今の新発田市の中心部はこの城下の街並を基礎としており、地割はかつての様子をかなりの程度とどめています。城跡には石垣などの遺構が残されているほか、2000年代に入ってからは城郭の一部が復元され、一般に公開されています。現在の新発田市は県下最大の都市である新潟市の通勤圏に含まれることから、ベッドタウンとしての性格を持つようになってきています。鉄道駅の周辺や市内を東西に横断する国道7号線沿いでは、宅地開発が進んでいます。その一方で周辺部には農地も多く残されており、緑豊かな田園風景を見せています。中心となるのは稲作で、全国的な知名度を持つコシヒカリの栽培が盛んです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ