ふすまの張替えページ

新発田市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

新発田市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

新発田市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

新発田市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

新発田市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

襖の張替え時期と襖の張替え業者の探し方

襖紙が汚れてしまったり、破れてしまった時には、襖の張り替えを検討する時期であると言えます。さらに、そのようなことになっていなかったとしても、張り替えてから時間が経過している場合には、襖の張り替えを検討するようにしましょう。 襖の張り替えについては、使用されている襖紙の種類や使用環境によって大きく異なりますが、おおよその目安としては、10年前後であると一般的に言われています。 襖紙に劣化が見られなくても、冠婚葬祭などのタイミングで張り替えを行っても良いでしょう。 襖紙の張替え費用は、選択した襖紙の種類や業者によって異なりますので、不明点があれば、事前にしっかりと張替え費用や方法などについて問い合わせて不明点を解消してから依頼することがトラブル回避のために重要なことです。 襖の張替えは自宅で行うことが出来る物も販売されています。気軽に行うことが出来る一方で、失敗する可能性が高かったり、耐久性が期待することが出来ないという事も考えられます。まずは、専門業者に依頼することを考えましょう。 専門業者を探す方法としては、電話帳やインターネットを活用するという方法があります。張り替えは、自宅ではなく工場などに持ち帰った上で行われることが多いため、出来るだけ自宅から近い業者を選ぶと良いでしょう。

新潟県新発田市について

 新潟県新発田市(しばたし)は、新潟県の北部、越後平野の北部に位置する市であり、県都新潟市に隣接しています。市域の総面積は533.10平方kmであり、加治川の水系によって潤う肥沃な土地が広がり、県内でも有数の良質な米、コシヒカリの産地となっています。市内一帯には、稲作を中心とした農業地帯が広がっており、有数の米どころという背景から、産業面では、食品関連産業や酒造会社などが多いという特徴が、新発田市にはあります。  新発田市の市章は、「五階菱」や「溝口菱」と呼ばれる、新発田藩の歴代藩主溝口家の家紋が、市章として使われています。新発田藩の城下町として栄えた市街地は、市のシンボルでもある新発田城を代表する歴史的建造物が、多数存在しています。新発田市の市の花は「アヤメ」であり、市の木は「サクラ」となっています。市内の加治川は、かつて東洋一といわれた堤桜を有しています。また、毎年6月中旬~7月上旬にかけて、「あやめまつり」が開催されています。  新発田市の名物のひとつとして、「茄子のお菓子」などの和菓子が挙げられます。前述しましたように、新発田城の城下町として栄えてきた歴史的背景があり、茶道が盛んであったために、市内には現在でも和菓子店が多いという特徴があります。  

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ