ふすまの張替えページ

三条市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

三条市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

三条市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

三条市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

三条市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

襖の張り替えは襖のプロにおまかせする

襖の張り替え時期は人によって様々です。子供やペットがいるご家庭では襖が汚れたり、破けやすく頻繁に変えることになります。また襖のある位置などから、日の紫外線が当たって紙が日焼けしてしまうこともあります。
ですので、汚れたり破れたりしたらすぐに張り替えるのが良いです。綺麗に利用すれば20年ほど持ちます。畳や障子の張り替えと一緒にすると、和室をリフォームしたように綺麗になるので一緒にしてしまうのもおすすめです。
襖の張り替えを自分でする人がいますが、難しいのでプロにしてもらうのがおすすめです。なぜならプロにやってもらうと綺麗さが違うのです。それはプロがするときは襖の中にうけ紙という紙を貼って施工するからです。
このうけ紙は、ぴんと襖紙を引っ張ることができるのでよりきれいな出来栄えになります。また素人がしてしまうと、糊を塗りすぎたり空気が入ったりして紙が引っ張られずブヨブヨになってしまう場合がありきれいに張り替えすることができません。
ですから、襖の張り替えはプロにお任せするのが一番です。多くの業者で無料の見積もりをしているので、一度取り寄せることをおすすめします。複数の業者を比較して希望にあう業者を選んで直してもらうのが良いです。

新潟県三条市について

新潟県三条市は、新潟県の中央部に位置している都市です。総面積は432平方キロメートルあり、平成27年11月30日時点での総人口は100,975人となっています。市章は三条市の「三」と「篠」を組み合わせたもので、旧三条市の市章を現在の三条市の市章として制定しています。市の花は「ひめさゆり」で、下田地区に自生しており栽培も可能な花です。三条市の新しい観光資源としても期待されており、市の象徴として制定されています。市の木は「五葉松」で、全国的にも大変知られている木です。山岳地には自生しており、愛着も深いことから選ばれました。市のには「芝地鶏」が制定されており、三条市の天然記念物にも指定されている貴重な鳥です。三条市は「ものづくりの町」として、古くから現在に渡って受け継がれています。刃物作りは約4万年前から続いており、江戸時代には様々な鍛冶職人が活躍しています。その技術は現在でも伝えられており、20年に1度行われる伊勢神宮の社殿の建て替えでは三条製の釘が使用されるなど、日本国内だけではなく世界からも注目を集めている技術です。また自然にも大変恵まれた地域でもあり、稲作や果物などの農作物の栽培も盛んに行われています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ