ふすまの張替えページ

加茂市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

加茂市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

加茂市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

加茂市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

加茂市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

襖の張替え費用は選んだ襖紙によっても異なります

襖の張り替えを検討している場合、ホームセンターや工務店に依頼するという人も多いのではないでしょうか。しかし、襖の張り替えの場合、必ずしもそれが得策であるとは限りません。場合によっては、余計な時間と費用が掛かっているという場合もあります。
ホームセンターなどに襖の張り替えを依頼した場合、下請けの襖張り替え専門業者に新たに依頼するのが一般的です。その結果、手数料が張り替え費用に加算されることがありますし、専門業者に依頼した時よりも張り替え費用が高くなる可能性があります。
襖の張り替えを依頼するのであれば、最初から専門業者に依頼するようにしましょう。そうすることによって、同じ費用で高品質なものに張り替える事が出来るようになります。では、どのようにして専門業者を探せば良いのでしょうか。
襖の張り替え業者はそれほど多くあるわけではありません。ですから、インターネットを活用して業者を探すのが時間と手間を掛けずに探す方法として一般的です。襖の張り替えはその場で業者に持ち帰って行うことが多いため、自宅の近くの業者に依頼しましょう。
襖の張替え費用については、襖紙の品質や業者により異なります。ですから、正式に契約を交わす前には、見積りを依頼し、可能であればいくつかの業者に見積りを依頼します。その上で価格・サービス内容等を比較するようにしましょう。

新潟県加茂市とはどのようなところでしょう

加茂市は、新潟県の中央に位置する東西に細長い、小さな市です。ここは三方を山に囲まれ、その中の市街地には川が流れています。人口は2万8000人ほどで、これは減少傾向にあります。加茂市の歴史は平安時代まで遡ることが出来、元々は神社の門前町として栄えました。また、京都との交流があり落ち着いた町並みが京都に似ているということで、「越後の小京都」などとも呼ばれています。加茂市の西部は平野で、東部は丘陵の一部の山地となっています。東端には標高約1300mの山があります。これは決して高い山とは言えませんが、登山口の標高が200mほどなので意外に急勾配になっており、それが登山家に人気の場所です。加茂市の西部はここ30~40年ほどに出来た市街地であり、自動車のアクセスが良いことからロードサイドショップが次々に出来て急速な発展を見せる一方で、東部との落差が大きくなっています。加茂市は、幾度もの編入や合併を繰り返し、1954年3月10日に市制の施行によって誕生しました。加茂市の特産品としては、西部を流れる川の沿岸で栽培されている和梨、洋梨、桃、米などがあり、その他桐箪笥は全国シェア70%を誇ります。加茂市の観光スポットとしては、駅から無料のシャトルバスで行ける温泉、ユリツバキの群生地である公園、日本最古の木造電車の一つが保存されている場所、鮒釣りを楽しんだり、花見を楽しんだり出来るダム湖などがあります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ