たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の表替えキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

須坂市のたたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

くわしくはこちらから!

須坂市のふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

須坂市のしょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

須坂市のあみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

くわしくはこちらから!

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

須坂市の施工地域

井上・ 塩川・ 塩野・ 臥竜・ 亀倉・ 九反田・ 五閑・ 幸高・ 高梨・ 坂田・ 小河原・ 小山・ 小島・ 沼目・ 仁礼・ 須坂・ 相之島・ 村山・ 中島・ 田の神・ 栃倉・ 日滝・ 八重森・ 八町・ 福島・ 米子・ 米持・ 豊丘・ 豊島・ 望岳台・ 北相之島・ 墨坂・ 墨坂南・ 明徳・ 野辺

長野県須坂市についての解説

須坂市は、長野県北東部に位置する市。面積149.67平方キロメートル、人口約5万1千人。 須坂市は千曲川(信濃川)の東岸にあり、千曲川支流の松川と百々川のつくる扇状地上に位置する。市内には多くのリンゴ畑・ブドウ畑が広がっている。 須坂は江戸時代には陣屋町として栄え、明治から昭和にかけては製糸業が盛んであった。このため、市内には現在も当時の様子をうかがわせる土蔵などの建物が残り、「蔵の町」としても知られている。 1954年に上高井郡須坂町が市制施行して須坂市となり、その後近隣の自治体を編入して現在の市域となっている。現在は電子機械工業が盛んであり、また日本有数のリンゴやブドウの産地としても知られている。 須坂市内には長野電鉄長野線が通り、県庁所在地の長野市や志賀高原方面との間を結んでいる。また、市内の西側を上信越自動車道が通過している。 須坂市の観光地としては、市内南東部にある五味池破風高原や峰の原高原などの高原地帯、日本の滝百選に選ばれている米子大瀑布、桜の名所として知られる臥竜公園などがある。また市内には、須坂市立博物館や須坂版画美術館、蔵の美術館、田中本家博物館など多くの博物館・美術館が所在する。 市では、多くの観光地の魅力を体感してもらうためにウォーキングイベントも企画している。

障子と暮らしをともにする~障子の新しいスタイル~

障子とは、日本で古くから主に住居に用いられてきた和紙を使った建具のことである。木の枠に和紙を貼り、外からの光を通すので、扉や窓を閉じたままでも採光できる。古くは平安の時代から、美しさと利便性で人々に愛されてきた。
ただ扉や窓としての機能だけではなく、インテリアとして楽しむことができることも特徴である。障子に貼られている和紙に、桜やもみじを模った和紙を重ねて貼り光の陰影を生み出すなど、人々は季節の移り変わりを楽しむ道具のひとつとして障子を愛用してきた。
しかし障子は和紙であるため、簡単に破れてしまうという弱点があった。破れた部分の和紙だけを貼りかえることもできるが、ほかの敗れていない和紙と比べてどうしても日焼けの程度が違ってしまう。全体的に見てそこだけが目立ってしまうということもよくあることだった。
そんな悩みを解消すべく、現在では破れにくい素材を使った新しい障子が多く誕生している。化学繊維やカーボンなどを使うことで、薄くても強度のある障子を生み出すことに成功した。模様や色も様々なものがあるので、これまで以上に選択の幅が広がり、よりインテリアとしての楽しみ方も広がったのだ。
住環境や生活様式が大きく変わった現代においても、障子は日本人にとって深く愛されているものである。障子と長く無理なく生活をともにするために、一度張替えを検討してみてはどうだろうか。きっとこれまでのイメージとは違う、新しいスタイルで障子のある生活を楽しむことができるだろう。