ふすまの張替えページ

諏訪市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

諏訪市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

諏訪市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

諏訪市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

諏訪市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他の襖施工写真ご紹介はこちら

襖の構造は細かな対策が秘められており襖によって空間も変化する

襖の構造と機能では上張りについては襖芯の上に張り替えることをいいます。色や柄など様々に張り替えることにより部屋の空間を変えることができイメージが変わります。また引手はドアノブの役割を果たし襖によってデザインを変えることで空間を楽しめます。また季節によっても変えることができます。また細縁紙では見付幅6文5里の縁を使用した紙や太縁紙で見付幅一寸の縁を使用した紙があります。このようにお好みのデザインをお好みで選べます。
襖の内部構造では細子襖といい一般的な形式で縦3本と横11本の組子と呼ばれる枠組みを組みます。組み合ったものを骨地と呼びます。その上で同貼と呼ばれる下張を行いさらにその上に浮けと呼ばれる薄い紙にはさんで、その上に襖を貼ります。そして襖の素材分類には紙は大きいので鳥の子紙と織物に分類されます。鳥の子襖の場合にはその製紙原料や印刷や加護の仕方にあります。高級品とされる木鳥の子では5年から10年といわれ耐久性があるといわれております。
木鳥の子は加工性と最高の高級品といわれております。また織物襖紙では襖に使用する和紙は手作りで特殊な機械を使用したものがあり上級織物だと5年から10年とトビ―織物があります。縦系・横系とともに糸目の結んだ織物で縦系にレーヨン系・スラブ系・ネップ系など様々な糸を使用し個性的な織物襖紙にできます。また織物の中では高級品のある模様や特法に手を込んだものから多く種類があります。糸の打ちこみは縦系50本で横系が40本の本数で作られております。

また高級品である木鳥の子の由来は紙料の色合いが鶏卵の殻の淡黄色に似ていることから鳥の子といわれております。また木鳥の子はかんびしを使用し特別紙があり上質なものほど紙質は強くなります。そして内部構造での種類でもチップボール襖といい細子襖の胴張りのチップボールを使用したもので今の住宅で最も広く活用している形式でもあります。内部構造と細縁襖や太縁襖と織物紙でも雰囲気が違いますので、洋室・和室にあったものを選択していくのも良いです。
襖は和室に用いられる木で骨組みを行い両面に紙を貼った戸のことがイメージがありますが、いろんな種類があり空間を演出できる優れた品です。襖の語原としては平安時代の掛布団だったふすまを広げたような恰好に由来するといわれております。そして室町時代になると無地の布や紙を貼ったものを襖とよび、紋や柄があるものを唐紙を区別していました。構造的には今の障子と襖とは相違はありません。紙を残重のように重ねて補強が必要なっていました。時代とともに襖の進化して今では耐久性や高級品です。

諏訪市の施工地域

岡村・ 沖田町・ 元町・ 湖岸通り・ 湖南・ 高島・ 四賀・ 渋崎・ 小和田・ 小和田南・ 上諏訪・ 上川・ 城南・ 諏訪・ 杉菜池・ 清水・ 赤羽根・ 大手・ 大和・ 中洲・ 湯の脇・ 南町・ 豊田・ 末広

長野県諏訪市について

諏訪市は長野県の市のひとつで、南信地方にある、諏訪広域連合の中心都市です。北西部に諏訪湖があり、西部と東部を山地に囲まれた盆地で、諏訪市のある側は急勾配になっているところが多いという特徴がありますが、東側の山地のふもとは扇状地となっていて、住宅や田畑などが広がっています。諏訪市は盆地という性質上、内陸性の気候に属していますが、冬はその他の季節と比べて圧倒的に雨量が少ないという独自の気候です。避暑地としての需要もあるものの、最適な場所は霧ヶ峰高原くらいで、じつはそれほど夏は涼しくありません。諏訪市は1941年8月に諏訪町と豊田村、四賀村が合併して市制を施行、その後、いくつかの村や地区の一部を編入して今に到っています。諏訪市の産業は、明治から大正にかけては製糸業で賑わいましたが、その後は時計やカメラ、レンズなどの精密機械工業が増え、今ではハイテク産業が栄えています。また、諏訪市は諏訪湖や霧ヶ峰を中心にして観光都市でもあり、登山やスキー、温泉など一年を通して観光客で賑わっています。上社と下社がある諏訪大社などの歴史的建造物も多く、祭事としては、諏訪大社で行なわれる御柱祭が天下の大祭として全国的にも有名です。

おきがるにおといあわせください

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ