畳の張替えページ

長野市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

長野市のたたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

くわしくはこちらから!

長野市のふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

長野市のしょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

長野市のあみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

くわしくはこちらから!

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

畳の張替えの重要性と畳の張替えの目安について

新品の畳には、い草独特の薄緑色がかった色と心地よい香りが漂っているものです。 しかし、畳の上で生活していくにつれて、徐々に日光で表面の色が褪せてきたり、傷が付いたりしてきます。 そうなってきたら、畳の張替えを考えなくてはなりません。
毎日掃除をしていても人がその上で生活している以上、消耗は避けられないのです。 そこで、傷みがひどくなる前に手を打っておけば、畳は長く大切に使うこともできます。 その一つが裏返しという張替え方法です。 生活環境や使用頻度にもよりますが、だいたい2年から4年くらいが目安になります。
次に表替えという方法があります。 裏返しは現在のい草部分を再利用しますが、表替えは新しいい草に替えて張替える方法です。 新しい畳を敷いてからだいたい5年から7年ほどが目安となります。 裏返しを行っている場合はもう少し短い期間を見ておくと良いでしょう。
畳の中心部にまで劣化が進んでいる場合には、新しい物と交換する必要があります。 部屋を歩いている時にぼこぼこした感触がある場合には、中心部まで傷みが到達しています。 そのような時には新しい畳と交換するのがおすすめです。
新しい物に交換する目安としては、だいたい15年くらいだと言われています。 どの張替えや交換作業も専門業者に依頼すれば、簡単にやってもらうことができます。 新しいデザインを選ぶ楽しみがありますし、プチリフォーム感覚で行うことができます。

長野市の畳張替え・修理・新調施工エリア

アークス 青木島 青木島町青木島 青木島町青木島乙 青木島町大塚 青木島町綱島 赤沼 県町 上ケ屋 浅川 浅川押田 浅川清水 浅川西条 浅川西平 浅川畑山 浅川東条 浅川福岡 旭町 安茂里 安茂里杏花台 安茂里小市 安茂里小路 安茂里米村 安茂里犀北 安茂里犀北団地 安茂里差出 安茂里大門 安茂里西河原 荒屋 石渡 泉平 伊勢町 伊勢宮 市場 稲里 稲里町下氷鉋 稲里町田牧 稲里町中央 稲里町中氷鉋 稲田 稲葉 稲葉上千田 稲葉中千田 稲葉日詰 稲葉南俣 稲葉母袋 居町 入山 上松 上野 往生地 大岡乙 大岡甲 大岡中牧 大岡弘崎 大岡丙 大橋南 大町 岡田町 小島田町 神楽橋 風間 合戦場 門沢 金井田 金箱 上駒沢 上千歳町 上西之門町 川合新田 川中島町若葉町 川中島町今井 川中島町今井原 川中島町今里 川中島町上氷鉋 川中島町原 川中島町御厨 川中島町四ツ屋 岩石町 北石堂町 北尾張部 北郷 北条町 北長池 北堀 狐池 鬼無里 鬼無里日下野 鬼無里日影 桐原 栗田 栗田北中 小柴見 小島 小鍋 権堂町 栄町 坂中 桜 桜枝町 桜新町 差出南 里島 早苗町 三才 三本柳西 三本柳東 篠ノ井会 篠ノ井石川 篠ノ井有旅 篠ノ井岡田 篠ノ井御幣川 篠ノ井杵淵 篠ノ井小松原 篠ノ井小森 篠ノ井塩崎 篠ノ井東福寺 篠ノ井西寺尾 篠ノ井布施五明 篠ノ井布施高田 篠ノ井二ツ柳 篠ノ井山布施 篠ノ井横田 下駒沢 下氷鉋 伺去 塩生 真光寺 信更町赤田 信更町上尾 信更町今泉 信更町桜井 信更町三水 信更町下平 信更町高野 信更町田沢 信更町田野口 信更町灰原 信更町氷ノ田 信更町古藤 信更町宮平 信更町安庭 信更町吉原 信更町涌池 信州新町上条 信州新町越道 信州新町里穂刈 信州新町下市場 信州新町新町 信州新町左右 信州新町竹房 信州新町中牧 信州新町信級 信州新町日原西 信州新町日原東 信州新町弘崎 信州新町牧田中 信州新町牧野島 信州新町水内 信州新町山上条 信州新町山穂刈 新諏訪 新諏訪町 新田町 新町 神明 末広町 諏訪町 台ケ窪 大門町 高田 田子 鑪 立町 田中 田町 丹波島 津野 妻科 鶴賀 鶴賀(居町) 鶴賀(上千歳町) 鶴賀(権堂町) 鶴賀(早苗町) 鶴賀(田町) 鶴賀(問御所町) 鶴賀(中堰) 鶴賀(七瀬) 鶴賀(七瀬中町) 鶴賀(七瀬南部) 鶴賀(西鶴賀町) 鶴賀(東鶴賀町) 鶴賀(緑町) 鶴賀(南千歳町) 鶴賀(峰村) 問御所町 戸隠 戸隠祖山 戸隠栃原 戸隠豊岡 徳間 富田 富竹 豊野町浅野 豊野町石 豊野町大倉 豊野町蟹沢 豊野町川谷 豊野町豊野 豊野町南郷 中越 中御所 中御所町 中条 中条日下野 中条住良木 中条日高 中条御山里 中曽根 長門町 七瀬 七瀬中町 七瀬南部 七二会乙 七二会己 七二会甲 七二会丁 七二会丙 七二会戊 西尾張部 西後町 西三才 西鶴賀町 西長野町 西之門町 西町 西和田 箱清水 花咲町 東後町 東犀南 東鶴賀町 東之門町 東町 東和田 平柴 平柴台 平林 広瀬 広田 穂保 真島町川合 真島町真島 松岡 松代温泉 松代町岩野 松代町大室 松代町小島田 松代町清野 松代町柴 松代町城東 松代町城北 松代町豊栄 松代町西条 松代町西寺尾 松代町東条 松代町東寺尾 松代町牧島 松代町松代 大豆島 檀田 みこと川 三ツ出 緑町 皆神台 南県町 南石堂町 南高田 南千歳 南千歳町 南長池 南長野(幅下) 南堀 宮沖 三輪 三輪田町 村山 茂菅 元善町 屋敷田 屋島 柳原 柳町 山田中 横沢町 横町 横山 吉 吉田 淀ケ橋 若里 若槻東条 若槻団地 若槻西条 若穂川田 若穂保科 若穂綿内 若穂牛島(1298〜1835番地) 若穂牛島(その他) 若松町 若宮

善光寺を擁する長野市

長野県の北部に位置する長野市は、37万人以上の人々が暮らす県庁所在地です。1874年に長野村が長野町となり、1889年には周辺の4町村との合併によって新しい長野町が誕生します。1897年には市制を敷いて長野市となり、その後も近隣市町村との合併を繰り返して市域を広げてきました。2005年には近隣の1町3村、2010年には1町1村との合併を果たし、現在に至ります。 1998年、長野市では冬季オリンピックならびにパラリンピックが開催され、海外からも多くの人々が訪れました。また、長野市は善光寺の門前町としても有名で、毎年多くの観光客がここを訪れます。善光寺は、もともとは現在の飯田市にあったものですが、飛鳥時代の642年に現在の場所に移されました。源氏と平家の権力争いのさなかにあった1179年(平安時代後期)には大火災に見舞われましたが、源頼朝により善光寺の債権命令が1187年に出されました。その後も様々な歴史の流れと共にこの地に建ち続けてきた善光寺は、1953年(昭和28年)にその本堂が国宝として指定されます。現在でも多くの参拝客が長野市の善光寺を訪れており、その参道はいつも人々で賑わっています。

畳の交換や畳の消耗に関する知識

畳というのは日本古来の建具であり、現在でも様々な家屋に用いられています。自然由来の素材を使っているということもあり、アレルゲンなども少ないことから畳を使うことによって得られるメリットは非常に大きいということが出来ます。 しかしながら使用年数を重ねるごとに摩耗していくということもあり、適宜交換をすることでよりその効果を引き出すことが出来ます。むしろ交換しないことによっていくつかのデメリットを得ることになってしまうので注意が必要なのです。 畳交換は素人には非常に難しい作業であるため、畳の交換を専門に行なっている業者への依頼が好ましいと言えます。畳を交換するだけでなく、こうした業者は畳の販売や貼り直しといったことも引き受けており多様性があります。 畳はい草部分を張り替えることによって何度も使用することが可能であると同時に、費用も全てを取り替える費用と比較した時に非常に安価に抑えることが出来ます。また古くなった畳の引取も貼替えの時に行ってもらうことが出来ます。 プロの業者でも、自然由来のものだけでなく、最近ではプラスチック製のものなども導入しており、部屋を洋風にしていても使用することが出来る畳なども登場しており、どんな部屋にも対応できる商品が多数開発されています。

自然豊かで夏も涼しく過ごしやすい街長野県長野市

長野県長野市は長野県北部の北信地方にある市で、長野県の県庁所在地です。全国第4位という広い面積を持ち、南北に長い長野県の中でも北端に近い位置にあり、市境の北部の一部は隣の新潟県と接しています。地理的に長野県長野市の北部地域の山間部などは豪雪地帯に含まれており、長野オリンピック開催の際にはメイン会場および各種競技の舞台ともなっています。ただし長野県長野市の市街地域を始めとして大部分はとりわけ雪が多いという事もなく、むしろ年間の降水量は極端に少なく、全国47都道府県庁所在地の中で最も降水量が少なくなっています。ちなみに長野県長野市南長野にある長野県庁は全国にある各都道府県庁舎の中で、最も高い標高約371m地点にあるという全国一の記録もあります。緯度が高くさらに標高も高いので他の都市に比べて比較的気温が低い地域であり、夏場は30℃を超える真夏日も少なく無いものの、夜間は気温が下がりやすく熱帯夜も少ない事から晴天の多さも相まって夏も過ごしやすい気候と言えます。県庁所在地でもあり、長野県北部の中心都市である長野県長野市には各種インフラが整っており、北陸新幹線の停車駅もあって東京や新潟など県外地域とのアクセスも良好であるなど、生活しやすいエリアとして若者世代にも人気があります。