畳の張替えページ

松本市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

松本市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

松本市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

松本市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

松本市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

松本市とはどのような市か

 松本市は長野県中部にあり、2015年11月1日現在、103012世帯、241843人の住民が生活しています。松本市の歴史は大変古く、戦国時代に松本藩が設置されたことから始まり、城下町として栄えてきました。明治時代には廃藩置県により松本県となりました。その後明治9年に今の長野県が誕生、明治40年には松本市という名前になりました。その後平成16年に四賀村、安曇村、奈川村、梓川村の4村を吸収合併し、今の形になりました。また、松本市では戦国時代や戦時中に戦火に巻き込まれることが少なかったため、松本城や旧開智小学校など、古くからの建物が数多く残っています。  そのためか、松本市には信州大学本部、陸上自衛隊の駐屯所、空港、日本銀行の支店、FM長野本社などがあ り、県庁所在地である長野市と並ぶ長野県の2大都市圏となっています。  松本市の気候は中央高原性気候で、年中比較的乾燥しているのが大きな特徴です。また、冬は飛田山脈が湿った風や雨雲を遮るため、長野県内では比較的雪が降らない地域になっています。また、夏も乾燥しているため気温が高い割にはジメジメとした感覚はなく、日が沈むと気温も下がります。  また、松本市には多くの平地型、巨大複合型商業施設が集まっており、その数は長野県1ともいわれています。

松本市の施工地域

会田 県 赤怒田 旭 浅間温泉 梓川梓 梓川上野 梓川倭 安曇(稲核) 安曇(大野田) 安曇(上高地) 安曇(沢渡) 安曇(島々) 安曇(白骨) 安曇(鈴蘭) 安曇(千石平) 安曇(楢ノ木) 安曇(橋場) 安曇(番所) 安曇(宮の原) 安曇(その他) 穴沢 蟻ケ崎 蟻ケ崎台 井川城 石芝(1、2丁目) 石芝(3、4丁目) 板場 市場 出川 出川町 今井 入山辺 埋橋 内田 大手 大村 岡田伊深 岡田下岡田 岡田町 岡田松岡 開智 金山町 鎌田 刈谷原町 神田 神林 北深志 桐 空港東 五常 寿小赤 寿白瀬渕 寿台 寿豊丘 寿北 寿中 寿南 小屋北 小屋南 笹賀 笹部 里山辺 沢村 稲倉 島内(9820、9821、9823〜9830、9864番地以上) 島内(その他) 島立 清水 城西 城東 庄内 城山 白板 新橋 惣社 征矢野 反町 高宮中 高宮東 高宮西 高宮南 高宮北 中央 筑摩 殿野入 取出 中川 中条 中山 中山台 奈川 渚 七嵐 並柳 新村 野溝西 野溝東 野溝木工 波田 巾上 原 平田東 平田西 深志 双葉 保福寺町 洞 本庄 松原 丸の内 三才山 美須々 水汲 南浅間 南原 南松本 宮田 宮渕 宮渕本村 村井町北 村井町西 村井町南 女鳥羽 元町 横田 芳野 両島 和田

上高地や松本城のあるまち、松本市

長野県の松本市は県の西部に位置する市で、人口はおよそ24万人です。松本市内には毎年多くの人々が訪れる有名な観光スポットが多数ありますが、その1つが「上高地」という景勝地です。ここは飛騨山脈(北アルプス)の谷間にある平野です。 さらに、松本市の重要な観光資源となっているのが、国宝である「松本城」です。「烏城」(「からすじょう」もしくは「うじょう」)という異名を持つこの城は、戦国時代(16世紀初頭)に築城されたという古い歴史を持ちます。明治時代になると、新政府が打ち出した廃城令により全国の諸城が次々と取り壊されていきました。そのような中で、松本城も明治4年(1871年)に廃城となりましたが、地元の有力者らの尽力により、解体の危機は免れました。また、松本市全域は第二次世界大戦の戦災を免れたことから、市内にある歴史的に貴重な遺産の多くが現在に至るまで残されてきました。松本城もその1つです。松本城が国宝として指定されたのは、昭和27年(1952年)のことでした。その後、2000年には、松本城周辺の地域が「都市景観100選」の1つ選ばれています。その6年後、松本城は「日本の100名城」の1つに選定されました。松本城とその周辺の景観は、これを愛する松本市民の手で美しく保たれ続けています。

縁のない畳への張替えについて

畳の張替えというのは、「表替え」「新替え」という区分があります。 通常の住宅には和室の畳はヘリ付きが多いはずです。 張替えを考える際の選択の一つとしてヘリのないものへ張替えるのもいいでしょう。 畳の種類はいろいろとあります。 通常畳に使われるイグサで作られた畳以外に、和紙で作られた「和紙畳」、ヘリのない「琉球畳」などがあります。 今まで普通のヘリのついたものが敷き詰められていたのならば、ヘリのない琉球畳に張替えてイメージを一新するのもよいでしょうね。 琉球畳の特徴としては、まず「ヘリがない」「大きさが通常の半分で正方形」「イグサの目が細かい」「沖縄で生産された強度のあるイグサを使用」 特徴としては、ヘリがないので部屋のつなぎ目があまり感じられず、開放感があり、和洋折衷でリビングの一部に敷いてもおしゃれなように見えます。 正方形なので、色の違う畳を交互に敷くとアクセントにもなりよいでしょう。 一般的には機械で作られることが多いですが、昔ながらの職人さんの手による手作業で、今職人さんたちの平均年齢は70歳を超えていますので、いずれその伝統もなくなっていくと予想されます。 そうなる前に、今張替えを考えるならぜひ敷いてみるのもよいでしょう。

畳の張替えはどんなことなのか

畳の張替えはいきなりやらなければいけないわけではなく、表替えとか裏返しにするということでまずはもう少し使うということができたりするのですが、それすら終わった場合には張替えることになるでしょう。畳の張替えということになりますと新しく畳を買ってきて今古いものをはがす、そして、新しいものに張替えるというような形になるわけです。畳には色々な種類があるだけで上等なものから高価なものではないものもあったりするのも特徴的な部分でもありませんのでそういうところも選んで決めるようにしましょう。畳の張替えはどんな時期をやるべきか、ということもよく考えてみましょう。表替えとか裏返しをしたということによって次は張替える形になるわけですがだいたい何年で使えなくなってしまうのかというのは本当に状況によっても違ってきます。ですから、畳が汚くなってきたりしたらやるようにしたらよいでしょう。極端な話こういう状態の畳を使ってはいけないみたいな話があるわけではないので気になったら張替えるくらいな気持ちで問題はないです。しかしやはり綺麗なたたみとか新しい畳というのは気持ちがいいものですからある程度はスパンをしっかりと自分の中で定めておき、張替えるようにしましょう。