七尾市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

あみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

七尾市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

七尾市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

七尾市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

七尾市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様リペア済和室ギャラリー

障子の張替え写真をもっと見たい方はこちら!

七尾市は能登半島の中央にあります。

石川県七尾市は、能登半島の中央に位置し、富山湾と能登湾に面し、富山県氷見市と隣接しています。七尾の名前は七尾城が築かれていた城山の七つの尾根に由来されています。2004年10月、旧七尾市、田鶴浜町、中島町、能登島町が合併して、新市制による七尾市が誕生しました。七尾市の面積は318.32平方キロメートル、人口は約5万5千人です。特産物は、日本海で水揚げされた鮮魚、米などの農作物などです。七尾大田火力発電所は、北陸電力の石炭火力発電所で、2010年9月からは、木質バイオマス混焼発電を開始しています。七尾市の和倉温泉は、1200年前に、白鷲が海上で傷を癒す姿を発見したと伝えられています。和倉温泉の泉質は無色透明ですが、塩分が強いのが特徴で、神経痛や関節痛、腰痛に効果があるとされています。1月と8月に花火大会、6月に能登よさこい祭りが開催されます。付近には能登島、フィッシャーワンズパークなどの見どころも多く、たくさんの観光客が訪れます。七尾市にある、石川県能登島ガラス美術館は、公立では国内で唯一のガラス芸術専門の美術館です。ピカソやシャガール原案のガラス彫刻や中国清朝のガラスの展示のほかに、14点の大きなガラス彫刻が屋外の庭園に設置されています。

障子の張り替えをするには障子に詳しい人の力をかります

障子は、日本の伝統的な建具として昔から今まで存在しています。障子は枠ぐみの中に和紙などを貼ったものです。この、一見単純なものがいろいろなものに変化して存在しています。まずは、いろいろな物の紹介からしていきます。 まずは、王道の扉としての使い方があります。風はしっかりと防ぐことが出来てほのかに外部の明かりを通すことが出来るので、昔からよく利用されています。昔は殿様の寝所の風よけとしても用事が使われていたとのことです。 障子は、明かりを通すということからインテリアにも使われています。昔は、中にろうそくを入れて障子から光を通したりしました。現在でも、ろうそくが電球にかわった位で障子を通した柔らかい光はインテリアとして人気です・ 障子は、和紙を貼ったものだといいました。和紙ということは、当然破れやすいです。なので、破れたら張り替えが必要になります。破れたままだと、風を防いでくれることもなければ柔らかい光を通してくれることもありません。 障子の張替は、知識の豊富なプロに任せましょう。特にいまは、新しいの材の良い物が出てきていたりします。はたして、それを使ったら今までどうりになるのかということはプロと相談しないといけないてんです。新しい物があるからこそ、プロに任せる方がいいのです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ