畳の張替えページ

かほく市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

かほく市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

かほく市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

かほく市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

かほく市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

畳の張替え写真をもっと見たい方はこちら!

武道には畳があり 、日本間にも畳がある

武道の中で柔道や合気道など体を床に密着させるものは畳を使用します。 剣道のように立ったままでする武道と違い、投げたり寝たりと技を かけたりするものは床が固いと怪我をします。 畳はその点優れており、衝撃を吸収する性質があります。
衝撃を吸収する床材は古来からあるものは畳以外になく、 外国にも同じものはない、日本独自の床材です。 武道のなかでも柔道などは海外でも選手が育成されており、 日本製の畳が海外の道場や練習場で使用されています。
日本間は日本独自の生活空間です。 平安期から茶室が登場し、武将などが茶人を招いて静寂な雰囲気を 味わっていました。 茶室の登場で日本の畳や障子などの独特の床材や建具が発展していきました。 畳を敷き詰める部屋を日本間といいますが、その状態が確立させました。
武道などでも体を鍛えるために練習場に畳を使うことは当たり前のことです。 その畳も激しい練習や摩擦などで擦り切れたりする場合があります。 この床材は便利で表を張り替えることが可能です。 その場合も新品同様に張替えをして、また使うのです。
畳は日本の柔道などが海外でも親しまれているために、輸出され 使用されています。 張替えができるような製品は優れているとしかいいようがありません。 日本独自の床材が海外にまでいくことは、古来の人は想像もしなかった でしょう。 世界のどこにもない優れた床材は後世まで残ることは間違いありません。

石川県かほく市について

 石川県かほく市は、石川県のほぼ中央に位置する市であり、市域は東西に約9km、南北に約12.9km、総面積は64.4平方kmの市となります。そして、県都金沢市からは、約20~25km圏内にあり、市の南北を縦貫するJR七尾線によって、金沢市までは約30分の距離にあります。また、かほく市の西側は、風光明媚な日本海に面しており、緑豊かな自然環境を有する市となります。  かほく市の市章は、頭文字である「か」の文字をデザイン化したものであり、青色で波頭をかたどって日本海を表しています。市章の上部と左右の三方向に伸びる緑色の形には、かほく市の飛躍・発展の願いが込められています。また、かほく市の市の花は「ハマナス」であり、市の木は「さくら」、市の鳥は「シロチドリ」となっています。  かほく市は、哲学者の西田幾太郎の出身地となります。市内には、「石川県西田幾太郎記念哲学館」が存在しており、建築家安藤忠雄氏が設計を手掛けた、記念館となっています。また、日本人初の三大陸横断飛行に成功した飛行家、東晋作の出身地でもあります。  かほく市の名産品は、長芋やぶどう、すいか、サツマイモ、とり野菜みそとなっています。とり野菜みそは、石川地方の鍋料理のことであり、とり野菜みそを販売する「まつや」の本社が、かほく市にあります。

かほく市の畳張替え・修理・新調施工エリア

秋浜 宇気 内高松 内日角 宇野気 上田名 大崎 学園台 笠島 上山田 狩鹿野 元女 木津 気屋 黒川 指江 下山田 白尾 瀬戸町 外日角 高松 多田 谷 遠塚 中沼 長柄町 夏栗 七窪 野寺 八野 鉢伏 浜北 二ツ屋 松浜 箕打 森 横山 余地 若緑

石川県かほく市について

石川県かほく市は、石川県のほぼ中央に位置し、県都金沢市の約20~25km圏内にあります。西に風光明媚な日本海を望み、北は宝達志水町、東は津幡町、南は内灘町に接しています。市域は、東西約9km、南北は最長約12.9kmで、64.76平方キロメートルの面積を有しています。
 かほく市は、南北を縦貫するJR七尾線により、金沢市と約30分で結ばれています。幹線道路は南北方向に、のと里山海道、国道159号が走っており、国道471号により富山県方面へも接続しています。また、河北地域の新しい交通基盤として、月浦白尾IC連絡道路が平成16年に完成しました。
 かほく市の市章については、かほく市の頭文字「か」の字を図案化し、ブルーで波頭をかたどって日本海を表し、上と左右の三方向に伸びるみどりの形に、かほく市の飛躍・発展を象徴したものです。また、ロゴマークは、旧3町を3本のラインで表し、夢を抱くかほくを暖かな色調で包み込んだイメージです。
 かほく市の市の花は「ハマナス」であり、市の木は「サクラ」、市の鳥は「シロチドリ」となっており、平成16年11月に制定されました。また、かほく市では、分庁方式を採用しており、旧宇ノ気町役場がかほく市役所となっています。
 かほく市の名産品は、長イモ・ブドウ・スイカ・サツマイモ・蛤せんべい・とり野菜みそなどが挙げられます。とり野菜みそは、製造販売する「まつや」の本社が同市にあり、石川県内のスーパーなどで一般に販売されてるほか、通信販売でも入手することができる調味味噌です。