畳の張替えページ

大野市の畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

大野市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

大野市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

大野市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

大野市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

天空の城越前大野城のある街大野市

福井県大野市は,かつて若狭から京都まで続く鯖街道の宿場町として栄えた街であり,盆地に囲まれた自然の要塞に恵まれております。小京都という言葉が多く見られますが,大野市は戦国時代に飛騨高山の地をを治めた金森長近がこの地を治めたこともあり,400年前から,街が碁盤の目のように整備されております。山城である越前大野城から街を見渡すと,美しい街並みを一覧することができます。街の至る所に湧き水が流れており,おしょうずと呼ばれる湧き水を利用した飲料水,漬け物を洗う場所が点在しております。また,大野市は朝市が有名です。山の幸や鯖街道の名残である海の幸,特にセイゴガニと呼ばれているズワイガニの雌が安価で売られており,昔からセイゴガニは大野市のおやつ代わりに食べられておりました。学力が高いことでも大野市は有名です。福井県内に大正時代,福井中学,大野中学の二校があり,かつて東京大学地球物理学科教授で,科学雑誌の編集長でもあった故竹内均名誉教授もこの地の出身者です。最近では,越前大野城が山城であり,大野盆地に霧が多いことから,雲の上にある天空の城と呼ばれるようになりました。昔の碁盤の目の街並みを残しつつ,歴史と文化に満ちあふれている大野市は,観光する上での非常に楽しめる街です。

日本の文化「畳」。畳のある生活を始めませんか。

日本人なら誰しも、「畳のある部屋でごろりと寝ころんで、気持ちいい。」と感じた経験をお持ちなのではないでしょうか。畳は、古くから日本住宅になくてはならないものとして、長い間、日本人に親しまれてきました。
しかし、現代住宅ではフローリングの床が主流となり、和室のない家も増えています。確かにフローリングにラグなどを敷いても、ごろりと寝ころぶことはできますが、畳に比べて、固く冷たい感じがすることは否めません。
そこでおすすめしたいのが、リビングなどの一角に畳のスペースを設けるという方法です。最近では、畳の和風な感じが苦手な人のために、縁のないものや、正方形のパネル状になったタイプのものも登場しており、洋風のインテリアにも充分にマッチします。
また、畳には「傷んで長持ちしない。」というイメージがありますが、裏表を返す表替えや、畳の表面を取り替える張替えといったお手入れを、適切なタイミングで行うことにより、とても長く使うことができるものでもあります。
なお、畳の張替えは、専門の業者でないとできませんが、最近では24時間対応をしてくれる業者も登場しています。これから家を購入する方や、リフォームを検討中の方は、ぜひインテリアに畳を取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか。

交換時期によって畳に維持費が決まる

畳の交換という言葉には幾つかの意味が含まれており大きく分けると二つに絞る事も可能で、一つは畳その物を新品の物にするのともう一つは表面を覆うゴザを交換する事でもあります。 新品への畳交換は完全に違う物との入れ替えになるので実行する場合には商品その物を見る事が重要ですが、ゴザを交換する場合は必然的に業者その物を見る必要もあるのです。 腕の良い職人が居るかどうかや実績や経験と言った物も重要ではあるのですが、それでも念の為に複数の相手から見積もりを取った上で選ぶ事も必要ではあります。 たかが畳のゴザ交換くらいでこの様な面倒な事をやる必要は無いという考えもありますが、近年では扱う業者も幅が広くなって来ているので価格の安さだけで選ぶと後悔する事もあるのです。 と言うのも畳の交換は素人には不可能な部分があり特に床材としての耐久力も考慮すると技術が重要で、単に作業するだけの業者を選ぶとその後に問題が起きる可能性もあります。 また交換時期と言った物も重要であり耐用年数を過ぎてしまうとどうしてもお金がかかってきますので、早めに対応すると言った事が畳にとっては良い物ともなって来るのです。 この交換時期と言った物は実は素人では判断できない部分もあるので見た目で判断するよりは、数年を目処に何も無くても行った方が結果的には良い物ともなります。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから