ふすまの張替えページ

小浜市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

小浜市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

小浜市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

小浜市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

小浜市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

福井県小浜市について

小浜市は福井県の、南西部に位置している市です。 小浜市の面積は233.09平方キロメートルで、総人口数は平成27年12月1日現在で3万385人となっています。 小浜市に隣接している自治体は三方上中郡若狭町、大飯郡おおい町と滋賀県高島市です。 小浜市の市の木はモミジが制定されていて市内の妙楽寺や、明通寺などで見ることが出来ます。 市の花はツツジと制定されていて小浜公園や萬徳寺や、市内でも各所で見かけることが出来て市民から愛されています。 市の木と市の花共に、昭和49年に制定されています。 小浜市の名所や重要文化財として有名なのが本堂と、三重塔が国宝に登録されてその他重要文化財が多数ある明通寺が有名です。 また枯山水の庭園が名勝としてヤマモミジが、国の天然記念物として登録されている萬徳寺や、本堂などが重要文化財である妙楽寺や日本三大薬師の一つである、多田寺などが有名です。 海に面した小浜市には数多くの海水浴場があり、夏場には多くの海水浴客が集まります。 小浜市の特産品は塗箸のシェアが日本一を誇る、若狭塗や谷田部ネギや若狭ふぐやへしこ、焼きサバ寿司などが挙げられます。 小浜市にある小浜漁港には御食国わかさ小浜食文化館が、敷地内にあり多くの観光客が訪れています。

襖の浮かし張りとベタ貼りについて。

ライフスタイルが洋風化しても、襖は和室の間仕切りや押入、天袋に欠かせない扉として多く利用されています。伝統的な襖である和襖(わふすま)や、より高級な本襖(ほんふすま)は、細木を障子の桟のように組んだ組子骨に薄い和紙などを浮かし張りし、その上に襖紙を浮かし張りして作られます。浮かし張りとは、紙全体に糊を付けて接着するのではなく、紙の周囲だけを接着して他の部分は浮いた状態でピンと張っていることをいいます。浮かし張りはふっくら美しく仕上がるだけでなく、中が空洞で空気の層があるため、断熱性に優れ、紙が湿気を吸ったり吐いたりするので湿度調節にも優れています。また、紙をめくって何度でも張り替えができるのもポイントです。 これに対し、ここ数十年のうちに増えてきたのが工場で大量生産されるベタ貼りの襖です。簡単な骨組みに発泡プラスチックやチップボールなどを充填した下地に襖紙の裏面全体に糊を付けて直接貼り付けます。ベタ貼りの襖は、張替え時には襖紙をめくらず、その上から新しい紙を重ねて貼っていきます。そのため、襖全体が反ったり、シミが発生する場合もあります。ただ、機械で大量生産できるので価格が安く、アパートや賃貸マンションなど居住者の入れ替わりの多い賃貸物件によく使われます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ