ふすまの張替えページ

あわら市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすま張替えの作業流れふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

あわら市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

あわら市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あわら市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あわら市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

福井県あわら市は温泉で有名で人気ある町あわら市です。

福井県あわら市は、福井県では、北側に位置する場所にあり、隣接しているのが石川県の加賀市になります。あわら市も含めて、この周辺は、観光地として有名な場所であります。北陸の観光地といえばこの辺りがメインとなるほどです。
主な観光地としては、温泉であります。ここあわら市もあわら温泉という有名な温泉があります。他にも加賀温泉や山中温泉という聞いたことがある温泉地が固まっている場場所の1つであります。連日多くの観光客が訪れる程の人気の場であります。
他にもあわら市は、有名な湖があります。北潟湖という湖があり、北陸地方の湖として有名であり、観光やレジャーにも楽しめる場所の1つであります。また商業面としては、主に旅館や料亭などが多くあります。観光客が多くいることからであります。
周辺は温泉地が多くあるために北陸の温泉を巡ってここあわら市に泊まる方も多くいます。その為旅館やホテルの数が多くあります。また農業地も多くあります。福井県では、お米も多く生産されています。他にも柿や梨といったものも有名です。
あわら市全体は、緑に囲まれているために人口は少ないのであります。また都会のような施設があまり無く町全体は落ち着いたものであります。福井県あわら市は、このような町でありますが、自然に導いた場所で癒しを与える町なのであります。

古くなった襖を張替えていつまでも綺麗な襖を保つ

和室のある家庭なら必ずといっていいほどあるのが、襖です。これは、張替えと補修を繰り返していくことによって、いつまでも良い状態で使うことができる、日本の建物特有の仕切り戸です。また、自分の趣味によって襖紙を張り替えて楽しむインテリアでもあります。
襖の張替え時期は特に決まっていません。表の紙が黄ばんでいたり、シミがあったり、破れているのを見つけた時が張替えのタイミングです。また、新しい襖でお正月を迎えたいと考える人が多いのか、年末の大掃除の時期に張替える人も多いようです。
襖には、大きく分けて2つの種類があります。一つは、何回でも張替えができる「和ぶすま」や「単板ぶすま」です。これらのタイプは、木の枠組みの上に下貼りの紙が何枚もあり、その上に表の紙が貼られています。張替えの時に木枠や下の紙も修復し、何回でも新品同様に直すことが可能です。
もう一つには、古くなった表の紙を剥がさずに、上から新しい紙を張り付ける方法で修復する、「量産ふすま(工場生産品)」があります。このタイプは、古くなった土台部分を修復して、その上に紙を張り付けるので、何回も張替えはできません。1,2回が限度です。
2種類の襖とも、張替えるには、熟練の技術が必要となります。また、たいてい襖は何枚かあるため、自分の手で何枚も綺麗に貼り続けるのは、簡単なことではありません。そのため、襖の張替えは、専門の業者に依頼することが大切です。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ